« 砂子原カルデラ | トップページ | 山中の巨石群 »

2006年5月 8日 (月)

採集

458821031909  アマゾンから届いた。すごい本だ。

 赤羽正春著『採集~ブナ林の恵み』(法政大学出版会、2001年刊、3000円)。シリーズ、ものと人間の歴史103

 集水域として新潟の日本海に流れ込む積雪地域の源流部の村の聞き書きだ。三面川(新潟の奥三面)、荒川上流の五味沢、金目(山形)、飯豊山系北部(山形)の小玉川

 著者は2006年春に『鮭・鱒ⅠⅡ』も同じシリーズより出版している。1952年長野県生まれ、明治大学卒、同大学院修了し、新潟県の教育公務員である。奥三面遺跡発掘にも携わった。

-----

 山間地域では、伝統的な文化を絶やさないように守り、その上に新しい文化を創造する。都市部では、変動する社会の中で、守り続け、創り続ける地域文化とは何かを追い求める。哲学者・内山節の言葉だ。

|

« 砂子原カルデラ | トップページ | 山中の巨石群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 砂子原カルデラ | トップページ | 山中の巨石群 »