« 山中の巨石群 | トップページ | 晴れ »

2006年5月 8日 (月)

ヘビ

 20060508img_4177 2006年5月8日(月)。昨日は雨、午前中も雨、昼前から晴れ。標高900mほどの小さな峠道で昼下がりに、道路を左から右へ横切る(山から谷へ)ヘビを1頭、見ました。アオダイショウ。

 5月4日も小野川集落から博士峠に行ったところで1頭、死んだヘビを見たのですが、これはすぐに死骸は無くなっていました。

 肉食のヘビは地域のキーストーン種です。地中から水中、水際、樹上まで昆虫・両生類・鳥類のヒナ・幼獣までをまんべんなく食べています。そのヘビをトビやノスリなどの猛禽類(タカ類)が食べます。また人間もマムシなどを採って食べます。焼酎に生きたまま浸けてマムシ酒にして薬酒として飲みます。これらヘビを食べることは、地域の自然をまんべんなく間接的に食べるようなものです。

|

« 山中の巨石群 | トップページ | 晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山中の巨石群 | トップページ | 晴れ »