« 古文書と地震 | トップページ | 乾燥・塩蔵という保存 »

2006年5月 1日 (月)

ふきのとう

 20060501img_1571 2006年5月1日(月)雨の一日となった。この3日間で30cmほど雪が溶けている。やっと水田の土手の土が出てきた。

  最初に見えた土の上に出てくるふきのとう。アサヅキ。寒さに強い植物だ。福寿草も金色の花を咲かせる。

  ふきのとうを水でさらして、細かく切って、味噌で少し味付けして、毎日食べている。野の獣のように。苦みが、春の味。20060501img_1573

 1棟のハウスにかすみ草苗を定植。1棟のハウスにフラワーネットを張る。1棟のハウスを建てる。1棟のハウスに灌水。今日の一日。促成栽培の生育状況調査も行った。あと1棟ハウスを建て、定植すれば春の促成栽培分は一段落。

 ときに、げっぷが出ると、「ふきのとう」のにおい。20060501img_1463

|

« 古文書と地震 | トップページ | 乾燥・塩蔵という保存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古文書と地震 | トップページ | 乾燥・塩蔵という保存 »