« ないものが多い専門店 | トップページ | バケツの外・底のこと »

2006年5月13日 (土)

雨の日は

 20060513img_4798 2006年5月13日(土)、本格的な雨となり、ハウス建て止めて、デスクワークに切り替えた。

 年に1冊の刊行を目標として発足した雑誌『会津学2号』(会津学研究会・奥会津書房扱い)のための原稿に添付する作図をしている。1986年から個人でずっと会津各地の小さな地名の聞き取り調査をしている。教えていただくのは狩猟経験のある老人。山を知っているからだ。すでに故人となった人も多い。

 2.5万分1地図にトレーシングペーパーを貼り、沢を太いマーカーで黒く描き出す。その上にもう一枚トレーシングペーパーを重ねて、0.1mmのマーカーで沢の名前や地名、岩の地名などを手書きする。午前中に2枚書いた。集中して2時間に1枚。20060513img_4805 あと3枚だと夜遅くまでかかる。でも締め切りが5月末なので、図だけ先行入稿しないと間に合わない。スキャナで読み込み、2枚目の手書き地名をディスプレイ上で製字する(編集部)。

 地名のあるところは、話者が行ったことのある、あるいは自然と交渉した経験のあるところだ。そのことで行動範囲や自然への働きかけ、歴史的事件などを読み込む。人間はどのようにして自然とつきあってきたのか?を考える素材、きっかけを作るための端緒が地名を聞くことで、話者と共通の認識を得るための手法で、あらたな地域調査の手法の開発を目的としている。

-----

 昨日は夜に母の日の量販店の花売り場をいくつか見た。そのときに買ってきた弁当で、 さて遅い朝食兼昼食兼夕食にしよう。同じく買った、デザートはミネオラと、エコファーマー認可のJAたのふじトマトだ。今日はカンヅメになって原稿の添付する作図を終えるのが、人生の目標とする。

 

|

« ないものが多い専門店 | トップページ | バケツの外・底のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ないものが多い専門店 | トップページ | バケツの外・底のこと »