« 中央花卉 | トップページ | 小倉社長 »

2006年6月24日 (土)

小池ビジョンF21

 フローレ21の小池社長のコラム。宮崎大会(仲卸)→→→小池ビジョン

-----

■6月24日(土)晴れ。今日は、ほんとうに夏になったと感じる陽気だった。「きしぇわるくなる」と昼に畑から戻った父。今年はすべてにおいて、自分で働かなければならない。そのため昨年と今年変わったことは昼寝時間が無くなったことだ。

 朝は4時すぎから、夕方の採花したものは終わるまで夜10時以降まで葉取り、出荷のための調整が続く。今日は8時に終わったので、夕食は9時前に食べることができた。ただし夕食を作る人がいないので、父とカップ焼きそばにした。

 昼寝をしないと夜9時にはとても眠くなる。すぐ眠る。

 明日は父は猟友会の行事(クレー射撃大会)、明後日はカワウの駆除と、またいそがしい。今週は出張が無いので仕事を進める。今夜集荷所に運び込む出荷数はかすみ草(ピュアスプリングなど)45箱。我が家ではこのところ日・火・木と、毎回このぐらいでている。多い生産者で80箱、、、菅家愛子さんも先日78箱一人で出してきた。夕方、出荷所にきたとき話しを聞いたら今日の14箱でピュアスプリングは終了で、しばらく出荷は無くなる、という。

 雪ん子が川井(三島町)から出始めた。矢ノ原のBFも出始めた。ピュアスプリングは寒く伸びなかったので根元から切っているのでSは出ず、元切りのM。L(70cm)。課題を残した。来年はピュアスプリングに加え、ホワイトロードが3割程度導入されると思う。

■昨夕、静岡駅で出発待ち30分あったので、駅ビルの食堂で「とろろ汁」を1480円で食べた。麦飯に擦ったとろろ、デザートに山芋アイスが出てきたが、乗車時間なので食べずに出た。20060623img_7931_1

■染色のかすみ草は私一人での対応なので、今年はできそうもないので、受注を受けていない。フェア時のスポット対応は本名敬君と二人で集荷所で染める。ただしそれも自家の仕事を終えた時間でやっている。JA生産部会のように職員がいるわけでもないので、このような仕事で進めている。時間が全く足りない。染色を引き受けないことで自家の生産の確保と生産者の品質の確保を優先した取り組みにしている。毎年、同じように時間を使えることはなく、毎年時間が足りなくなっていく。そのたび行ってきた仕事を見直さなければならない。睡眠時間を削っていくのは10月までの5ヶ月間。冬はオフなので集約した仕事になる。

 7月3日の大田市場では、染色技法の公開と、その資材メーカー(パレス化学)にも協力を依頼している。商品を作るのは小売店の仕事、、、アレンジと同じように、自店での素材加工の提案をする予定だ。

|

« 中央花卉 | トップページ | 小倉社長 »