« 芽欠き | トップページ | つくる人々 »

2006年6月 2日 (金)

対話する

 20060602img_6316 2006年6月2日(金)、晴れ。今日は午後4時過ぎに、都内の浅草橋生花のセリ人、植草氏が来村された。セリを終えてから、南会津郡の下郷町の農協の花き生産の担当の方のところを訪ねてから、昭和村に来られた。

 いっしょに、圃場(ハウス)を歩いた。

 18時より、本名敬副会長とともに、村内の「しらかば荘」で21時まで懇談した。

 北海道の産地をずっとまわってきたというので、いろいろと世の中の話しを聞いた。共撰産地の努力とか、「品質」という具体的な中味とか、、、花の文化度、、、みたいな話しをした。20060602img_6303

 話題の中心は、自然と「サービス業」とはなんだろうか?となった。

 生産者も、卸売市場も、小売店も「サービス業」。

 お客様に喜んでもらえることが、サービス。

 どうしたら喜んでもらえるか?

 そんなことをずっと話した。20060602img_6325

 「しらかば荘」から自宅まで峠を越える。村内でも30分かかる。カエルの鳴き声がいつになく高く聞こえた。カエルのサービスだな、と思った。

|

« 芽欠き | トップページ | つくる人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芽欠き | トップページ | つくる人々 »