« 板橋市場の朝 | トップページ | 展示と販売 »

2006年7月 8日 (土)

帰郷、日常へ

■7月になって、このココログのレスポンス(反応)が悪く、書き換えのためのアクセスがとても不具合が生じている。

■7月8日(土)朝、三島町川井の圃場のニューホープを採花。隣のハウスに来ていたヒロシ君に仙台からの昨日の急な染色依頼に今日染めるので、今朝の採花分は水揚げしないでおいてもらい染色することにした。通常、畑に前処理剤水を入れたバケットを持ち込んで採花前処理をしているので、染色の場合は前処理してしまうと染めの前段階の作業がかかってしまうので、特定の人での対応、受注分だけの対応をしている。急な注文の場合でも5日前の受注でないと現状では対応できない。染めている物のミックス1箱程度だと在庫がある場合は対応している(染色ロスを見て数割多く染めている)。20060707aimg_9565

■採花を終えて、帰郷した。7日の福島県内新聞にかすみ草のことが掲載された。 24面社会面→→→ 福島民友新聞7月7日 七夕かすみ草

■7日の板橋市場では花屋さんが訪ねてきてくれた。ブロガーの方ではじめてお会いしたけれど、先方はこちらをよく知っていた。いろいろと意見交換ができて勉強になった。→→→花小屋流グズグズ日記

■7月7日の夜のショーザフローレはカーネーション栽培の鈴木浩仁さん。私は前半のみ聴講し、帰宅車両の関係で中座しました。ただ開場のかなりまえ17時から入場していたので鈴木さんの近況を聞きました。→→→マツヤマ氏の報告  →→→フラワーリテラシー20060706img_9165

■7月6日は板橋市場の仲卸会の皆さんにとてもお世話になった。開場の7時すこし前に樋口部長に紹介され5番のセリ台で挨拶をした。3日の大田花きでの挨拶を聞いたマツヤマさんは「あいさつが短すぎる」と助言されたので、7日の板橋花きではすこしお話をしました。「夏でも花持ちの良い品種があります。においの少ない品種もあります。キーパーに入れずとも花が良く持つ品種も、今日は展示しています、、、、」と具体的に店頭販売の課題解決になるような話しを挨拶に加えました。セリ後、「さっき言ってたかすみ草はどれ?」という問い合わせ、反応が出ました。「あなたがすすめるのは?」→「ニューホープです」、、、、展示場での具体的な対話ができました。20060707aimg_9567

■7月6日の板橋市場のカスミフェア会場に、レンタルバケットの新日本流通の井尻さんが手伝いに来てくれた。11時30分に井尻さんの車に乗せてもらい、板橋市場を出て首都高で大田市場に移動した。大田市場では12時よりフローレの山田さんが大田花きの3名のスタッフと2階中央通路の後かたづけをしてくれていた。僕と井尻さんが会場についた13時過ぎには、完全にきれいになっていた。皆さんの協力に感謝しています。

■6日の夕方は、フローレ21大田店の大島店長がショーザフローレに来たので3~7日までの店頭でのかすみ草物語とその課題を聞いた。夜、中央花卉の中谷さんからこのフェア期間中の写真が届いた。来週の具体的な提案についても花の品種、染め数などの発注書も届いた。ショーザフローレ会場ではマツヤマさん記録の写真のCDロムもいただいた。20060707aimg_9632

■昨日急に依頼された仙花からの染色を今日は行います。七夕フェアで一段落と思っていたところ月曜からスタートする、量販店用だそうです。来週は台風3号、北海道でのかすみ草サミットに参加するため、、、、、染色は中央花卉と鮮度保障販売対応分のものだけでお休みになります。12日に札幌入りし、13日、14日と由仁町での大会参加しますが、12日の夜にダンジガーのミハ社長と札幌市内で事前に懇談できることが昨夜決まりました。世界の動きと日本のこれからへの示唆を聞こうと思います。英語に慣れるため今朝から英語のラジオを聞いています。Hiroakik

-----

■7月8日に松山誠氏謹製のカンケ画像が送られてきました。杉浦茂画風です。→

|

« 板橋市場の朝 | トップページ | 展示と販売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 板橋市場の朝 | トップページ | 展示と販売 »