« 庶民のかすみ草物語 | トップページ | 紹介されました »

2006年7月 1日 (土)

豪雨

 2006年7月1日(土)朝。昨夜は相当な大雨で、圃場の各所が水没したり沢や水路があふれた。朝は三島町川井のニューホープの2回目採花・3コモ。20060701img_8407

 柳津町西山地区、博士山西麓は相当な豪雨だったようで、道路に砂利が山から落ちている。朝8時には雨が上がった。

 明日11時に大田花きのフェアのため出発することに決め、生産者の参加者に8時30分ファクス連絡した。

----------

2006年7月1日 朝

生産者参加者各位 殿

                                                                  菅家博昭

 大田市場でのかすみ草フェアについて(連絡)

 以下のように進めますので、よろしくお願いします。6名で参加します。出発時間を早め、余裕を持って行くことにしました。

■準備するもの→花切りハサミ(2日の夕方のかすみ草の陳列等で使用)。雨傘。
        暑いと思いますが、朝早くは寒いので上着を。歩くのでズックで。

※7月2日(日)

■出発時間 7月2日(日)午前11時、大岐センター前出発 博昭の車(博昭・清・愛子・照子)

 午前11時10分 喰丸除雪センター前 敬君の車に乗る(本名敬・猪岐一朗)

■本名敬君のワゴン車で、昭和→舟鼻峠→山王峠→塩原温泉→西那須野インター→高速
 ※ 昼食は、那須付近のレストランで食べます。→浦和→首都高→大田市場
 ※ 大田花き近くなり松永氏に連絡し、駐車カードをもらう。市場2階に駐車。

■大田市場着後、2階中央通路で、午後5時より6時まで、展示準備します。テーブルに花瓶を置き、フラワーフードを入れ、かすみ草を陳列します。各種資料やポスターを貼ります。装飾したかすみ草は依頼しています。 

準備には、大田花き松永剛士氏、フローレ21松山誠氏、山田氏、金藤公夫(かねとういさお)氏ら。レンタルバケツの井尻氏。染色のパレス化学の竹田研究員。
 種苗会社からスミカ柿沼氏、キリン井の辻氏、
  終了後、市場近くのアーバンホテル大田市場に行きます。

■午後7時より9時まで、手伝い者とお弁当での夕食会(懇談会)。アーバンホテル大田市場の会議室で。17名
 昭和花き研究会 博昭、敬、清、愛子、照子、一朗の6名
 市場関係者 大田花き松永氏、フローレ21大島店長、中央花卉ナカヤ氏、世田谷花き宮西氏(7月下旬フェア打合せ)、フローレ21松山誠氏・落合氏・山田氏・カネトウ氏(昨年6月の昭和花き研究会の産地公開と10月の総会参加者)。
 種苗会社等 スミカ柿沼氏、キリン井の辻氏、新日本流通の井尻氏。11名

■アーバンホテル大田市場の住所等 〒143-0001東京都大田区東海3-2-3
(大田市場 青果棟近く)電話03(3799)3100

-----

※7月3日(月)かすみ草フェア当日

朝5時より午前10時まで、
大田花き2階中央通路にてカスミ展示。1階の中央花卉と大田フローレ21の店頭でカスミ販売のお手伝い。
〒143-0001 東京都大田区東海2-2-1
 東京都中央卸売市場大田市場花き部
 1階 中央花き 、大田フローレ21
 2階 大田花き

■当日、ミヨシの南氏、パレス化学の竹田氏、プロコナ(バケツ)の津金氏。クリザールのヒガシ氏。キリンの小澤氏。日本農業新聞の取材有り。

■前日草加市の催事から、11時に昭和村産業建設課の担当栗城進也氏と馬場村長来場、大田花き安藤常務・松永氏に挨拶。後にFAJへ。

■昭和花き研究会は12時に市場を後にして出発予定。

-----
■7月3日(月)の日程
 朝4時30分、ホテルの1階のロビー集合。自動車で生花市場へ。市場2階の屋上大田花き社員駐車スペースに停める。生産者全員で、
 FAJ、大田花きのかすみ草入荷品の調査(他産地のかすみ草を見る)。

 朝5時、中央花卉前(フローレ21前)で買付に来ている花屋さんの購買行動を観察する。手に持っているものが買ったもの。どのように花を選ぶか、品種やなにか聞かれれば答える。生産者はお金に関することは行わないし、販売の呼び込みもしません。チラシや質問に応えることが役目となります。
 購入者は2店のレジに並び、フラワーフードをプレゼントされます。

 トイレは1階、2階とも各自。朝食は時間を見て、数名で交替し、2階の食堂で好きな物を自分のお金で食べます。

 朝6時50分、博昭が大田花きセリ前であいさつします。
 7時からセリがはじまります。
 6時30分頃から2階に花屋さんが来るので、そこにも人を置きます。説明します。だいたい10時までを目安にしています。

■誰がどんな花を買っているか?花を選び方(ボリュームか?)、品種は?を自分の目で確かめる。

■昭和花き研究会では、白と、染色かすみ草を中央花卉に相対納品し商品開発(販売調査)。出荷市場は大田花き。FAJは花良品・有楽町への納品。大田の各仲卸でも買える。売りたい品種は6月がピュアスプリング、7月からニューラブ、ニューホープ。期間を通じては雪ん子系(360)。

|

« 庶民のかすみ草物語 | トップページ | 紹介されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庶民のかすみ草物語 | トップページ | 紹介されました »