« マツ!の時代 | トップページ | 茄子の馬 »

2006年8月 4日 (金)

アゲラタム

■こちらにも掲載しました → 昭和花き研究会サイト

■8月4日。20060804img_4550村の集団検診を終えて、昼前の時間に、草花生産者の圃場をまわって写真を撮ってきた。総合健康診断の会場となっている村内中央部にある小中津川にある村営の診療所(すみれ荘)では、ふだんは会えない村の人々に多くあった。豪雪のこの冬を乗り切り、加齢もあってか、みな優しい表情になってきたことを強く感じた。 JA生産部会の何人かとも会ったので状況を聞いてみた。

なかよしバンドのリーダーのベーシスト・佐藤孝雄氏も、職務として集団検診の受付をまじめな顔でこつこつと精励していた。

検査のため絶食していたので食事をして少し昼寝をする。

アゲラタム(かっこうあざみ)。露地栽培。40~50cm。20060804img_4555

昭和村の中心地、村役場のある下中津川地域、ここは携帯電話が通じる。

野尻川が作った河谷平野の右岸に、熊野神社があり、その山際に、当会の生産者のオミチ姉のアゲラタム(紫)の畑はある。

そして左岸の新田地区に福一あんにゃ(娘さんはイチ子姉)の「山星屋」の圃場(露地)がある。こちらはアゲラタム(赤紫)で、今後は白が一部開花をはじめた。ピンクと表記していたが、より実相に近くするため来週より赤紫で出す。アマランサス二種、ケイトウは少し生育が遅れている。20060804img_4558

横箱で100本の出荷。先週から出荷がはじまったので、数社市場に分散出荷していたが、価格の面でとても安く、来週からは全量、大田花きに出荷をする。

-----

■昼前に帰宅して、メールをパソコンでみたら、福岡花市場の船越課長からで、ニューラブが@200円台に、雪ん子系は@150円と秀80cmの価格帯が上がった。

 来週月曜は100箱の出荷の要請だ。20060804img_4592

 メールでは各社より60cmの1箱、1箱、、、、という受注がある。対応しきれるかどうか?????

■露地栽培の草花は、この7月の長雨、低日照、、、、、のなかでよく手入れを続けてきたと感心した。開花して出荷してみるととても表現のできない販売価格帯で、今後は市場をよく選んで出荷をしていくことが、いつもそうなのだが、感じている。生産者の努力をきちんと結果で出すことが、私たち中に立って販売している担当者の責務だ。8月からは4名、草花専門生産者分の販売もはじまる。20060804img_4590昨日、出荷所検品担当の本名敬副会長とも電話で協議した。きちんと栽培情報を伝えていく、かすみ草でやっているような生育写真や栽培者の横顔も伝えていく。マツヤマ氏に依頼したイラストでの「福一あんにゃ」の栽培品は、氏の屋号である「山星屋」名で出荷を開始する。もうすこしで専用横箱・ダンボールが来る。全量・大田花きに出す。

 草花に関しての情報は、名古屋のフクカエン種苗の松永課長の独断場だ。

20060804img_4591_1

20060804img_4594 20060804img_4595 

|

« マツ!の時代 | トップページ | 茄子の馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マツ!の時代 | トップページ | 茄子の馬 »