« 会津の夏 | トップページ | 雷雨・停電・分荷 »

2006年8月 7日 (月)

花の東北

■2006年8月7日(月)朝4時に起き、駅前の宿から出て、4時30分より仙台市の卸売市場に入荷している切り花群の調査をしました。とても感じることが多くありました。詳しく写真報告します(夜になるでしょう)。20060807img_4827

 帰路、車中で今朝の市場の感じを、ずっと考えてきました。

 東北のアイデンティティとは、、、、

 夏の花、夏祭り、、、、、ねぶたの絵柄が箱に転化したようなデザインが出てきました。そして賢治。

 これを進めていくと、箱のデザイン、、、絵柄のデザインは、、、、じつは、生産・流通・消費をつなぐデザインに向かっていくことが求められるでしょう。箱の図案というデザインではなく生産地のアイデンティティを示すものを、いったい誰に伝えるのか?という伝えるデザインが東北らしさを生むと思います。その背景に『東北学』や地域学の胎動があると思います。20060807img_4816

 商品開発は、産地だけでおこなうものではない、、、、、それを感じてきました。

■12時40分、無事、昭和村に帰宅しました。28度。会津盆地は33度でした。これから分荷作業を開始します。仙花の皆さん、仲卸の皆さん、北流園芸さん、お世話になりました。20060807img_4987_1

|

« 会津の夏 | トップページ | 雷雨・停電・分荷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会津の夏 | トップページ | 雷雨・停電・分荷 »