« 仕事が残したもの | トップページ | インタビュー »

2006年8月15日 (火)

ぼんがま(盆窯)

祖霊の迎え火だが、松のある愛宕様の尾根を向く。その先にサケンサアモリ、博士山頂、、東の太陽の昇る山。

土壁で造る、雨で朽ちる。毎年8月に造る、、、この馬蹄形の形状が、大岐集落を拓いた人たちの意志があるように思っている。なぜなら、こうした土ネリの手法を無くさない、、、、なかには川原石を入れてある、、、、、炭焼きの伝統なのかどうか?鍛冶か?20060815bimg_6576

|

« 仕事が残したもの | トップページ | インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事が残したもの | トップページ | インタビュー »