« 台風12号発生 | トップページ | トチの実、豪雨、きねずみ »

2006年8月29日 (火)

集約化

■現在の取引は定価販売になりつつあります。セリの変動価格制で見えなかったものが明確になっています。高い・安いの原因が何であったのか?セリでは需給バランスのひとことでしたが、定価で見えてくるのはコストです。1箱1000円の価格の切り花に、輸送費1500円、出荷梱包費(ダンボール等)500円、、、、つまり生産費や労働した賃金を含まない計算であっても、出荷するだけで1000円の赤字になっていることが、すぐ見えるようになったということです。その輸送費がさらに今年15%値上げになっている。生産物の見直しができないなら、輸送費の安い市場に送ることが必要です。そしてセリで出荷したとしてもその価格は定価販売(相対価格)よりさらに安いわけですから。

■仕組みが大きく変わったのに、やりかたが変わらない、変えられない理由があったのだと思いますが、原点に返って考える時期です。

|

« 台風12号発生 | トップページ | トチの実、豪雨、きねずみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風12号発生 | トップページ | トチの実、豪雨、きねずみ »