« 30年 | トップページ | 11度C »

2006年9月16日 (土)

第2期発達中13号

■沖縄付近で台風13号はまた中心気圧を下げて発達している。風が強い台風だそうだ。それが日本海側を通過すると、当地会津地方山間部は強風警戒、風によるハウス倒壊、ビニル破損、、、、なかみのかすみ草の被害が良く出ます。対策をしてても最盛期前にむけてほぼ全部のハウスにビニルがかかっている状態なので、これまでの時期と異なります。ハウスの骨組みを守るのか、なかみのかすみ草を守るのか、、、20060915bimg_9959、ハウス骨組みが有れば来年また仕事ができる、という発想で、直前に被覆しているハウスのビニルを除去する、、、という判断が必要になります。今後は台風進路に合わせた対応です。

 まだ収穫していないハウスを守るのか、収穫途中のハウスを守るのか、、、あるいは収穫が半分すんで枝を収穫中のハウスは優先的にハウスの被覆ビニル除去し採花放棄がはじまっています。いずれにせよ50棟近いパイプハウス(英語圏園芸用語ではトンネル、ビニルハウスとは鉄骨による加温電照装置を持つもので施設をさす)の残す判断をしなければなりません。収穫作業、出荷調整作業をしながら、、、、です。

→→→デジタル台風20060915bimg_9974

|

« 30年 | トップページ | 11度C »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 30年 | トップページ | 11度C »