« ルネッサンス・かすみ草フェア | トップページ | 終わりは始まり »

2006年9月22日 (金)

夕焼けは17時51分

■2006年9月22日(金)曇り。昼の長さと、夜の長さが同じになる季節。採花していると午後5時30分で薄暗くなる。50分ころになると手元が見えなくなり採花はできなくなる。午後7時くらいまで仕事ができた野外作業も朝の5時30分から夕方の5時30分までの12時間しかできなくなった。20060922img_0857

 今日は、朝から、雲がきれいだった。

 夕方は夕焼けになったので、デジタルカメラで撮影しようとしたら、数枚撮影したら電池切れ、、、、すぐ軽自動車で家に戻って撮影しようとしたら暗くなって夕焼けも消えた。わずか10分くらい、とてもきれいな夕焼け、、、、雲に落陽が赤い陽光を映す。

 夕方、一人で取り込んだ(採花した)ものはBF系のかすみ草を7コモ。1コモで出荷80cm40本ほどあるので、これを今夜、葉取り作業をする。1コモ30分かかる。午後7時30分に夕食を食べた。すぐ、、、さて仕事だ。20060922img_0868

 夕焼けの色を、山が映すのが秋。朝、撮影した庭で咲く花、ヘレニウムのオレンジ色と同じ夕焼けだった。だいだい(橙)色。アプリコット(あんず・杏)色。山の広葉樹も空もアカク染まる秋。あと1ヶ月で雪が降ると農作業も終わる。そして半年は雪のなかで暮らす、休眠の季節だ。

|

« ルネッサンス・かすみ草フェア | トップページ | 終わりは始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルネッサンス・かすみ草フェア | トップページ | 終わりは始まり »