« 夕焼けは17時51分 | トップページ | 今朝は6度C »

2006年9月23日 (土)

終わりは始まり

■9月22日(金曜)の、花の調整作業が終わり、今日の販売結果の市場入力作業(研究会の業務)と、23日(土)分荷作業の一部を終えて、23日(土曜)の零時30分。これから眠って朝の5時には起きて、また採花です。20060922img_0844 一日の終わりは、すぐ次の一日のはじまりです。

 9月25日(月)の販売数は、1000箱です。各社、充分に送れます。

 終業時に、月曜納品の、、、蛍光灯下での染色の具合もチェックしたが、充分にカラーリングできそうだ。

■今日は、宇都宮花き(市場)の山野井君が電話をくれて、久しぶりに会話しました。そのほか、受話器のあるところで仕事をしているときにお話できた何名かの卸売市場の担当者、、、、の皆様、、、、熊本県からのかすみ草出荷の打診がはじまっているようです。2週間後の10月6日頃からは入荷が関東地方にも、、、、産地切替の時期になってきました。高冷地の夏秋から、暖地の冬春出荷へ。20060922img_0895 終わりは始まりです。

■スイス国チューリヒ市にある花束加工会社。たぶんフェアトレードやMPSラベルの商品開発や、独自の花持ち試験、バラの開花ステージ調査の把握では世界のトップの、アグロトロピック社。2年前にジェルファ(エルフ協会)の視察で訪問した。マックスハベラーのバラはどうなっているのでしょうか?取り組みの可能性とは、やはりチャレンジと正攻法の積み上げだと思います。消費者のために1本のバラを売る、単品だけのブーケを安価に売る、、、、生協やミグロスに納品しつつ、専門店チェーン店ブルーム3000も駅・空港で展開する、、、、、スリランカに葉物の露地栽培のMPS農場も経営、、、、ケニアのMPS(+フェアトレード)のバラに合わせる葉物の商品開発のなかから、そのような事業がはじまっています。開発輸入とか国外産、、、、ということではなく、必要な仕様の商材を作る明確な意志がありました。

→→→ チューリヒ市 アグロトロピック社20041101mh6

|

« 夕焼けは17時51分 | トップページ | 今朝は6度C »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕焼けは17時51分 | トップページ | 今朝は6度C »