« 終わりは始まり | トップページ | ラベルな時代 »

2006年10月19日 (木)

ifex前夜

20061018ifeximg_6854 2006年10月18日(水)午前中仕事をして、午後2時に昭和村を出た。JRで郡山より新幹線で上京し、幕張メッセについたのは19時過ぎ。JFMAブースはほぼ完成して、柴田さんが花を飾っていた。昨日採花した魚沼の子どもユリも、飾る。パネルは明日に張ることとして、JFMA小川会長と主要通路等を少し歩いた。20時には各ブースの7割は終了し、外国のブースが深夜にも作業が行われるようだ。

 →→→IFEX2006の前夜準備の様子

 通路も広くなり、3回目となるため、各ブースとも洗練されてきた。

20061018ifeximg_6876

 小学館のビーパルムック等で多くの著書をもつ矢野TEAさんのブースが、コンセプトワークを含めて、オリジナリティ(日本のアイデンティティ)を持つものとして登場してきたと感じた。TEA’s プロジェクトで、JFMA役員の金岡さん(薔薇園植物場)もこの一員だ。

 フローレ21のマツヤマさんらもブースを完成させて19時過ぎに帰っていった。たくさんのアイディアのつまったブースとなっていた。マツヤマさんも矢野TEAさんのブース、、、を推している。20061018ifeximg_6950

 JFMAの前はキリンアグリバイオ、洗練されたブースになっていてデザイナーの小川典子さんにコンセプトをうかがった。かすみ草も使って下さっている。

 インパックとか、ミヨシとか、クリザールとか、各市場のブースもよくかすみ草を見せてくれている。昨年の数倍は出ている。

 昨日見た魚沼・堀之内の山喜農園さんは、なにわ花市場ブースの花材提供等で出ている。日本のユリを提案している。20061018ifeximg_7103

 明日が本番、、、、、といってもすでに開催初日になってしまった。

 私は、小川会長とともにブースを出て、偶然にも矢野TEAさんたちと懇談することができて、今回の出展についても話を伺った。サイン会も行うようです。仙台在住。

 その後大森駅に一人で移動し、駅前の居酒屋で、JAみなべいなみの皆さん、JA上伊那の皆さんと、、、、午前2時まで懇談した。20061018ifeximg_7187

 JFIフェアを大田市場花き部のFAJ棟で見てから、幕張のIFEXに向かう予定。

 初日は、JFMAブースにおりますので、皆さんお待ちしております。

|

« 終わりは始まり | トップページ | ラベルな時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 終わりは始まり | トップページ | ラベルな時代 »