« 提案アリ | トップページ | 農業の速度 »

2006年10月24日 (火)

ホルティ・フェア

■11月1日~8日まで、エルフバケット協会、、、JELFA主催の欧州視察に同行することになりました。アムステルダム市での展示会・ホルティフェアは11月2日(木)に視察。3日は市場主催の展示会であるアールスメールマーケットを見ます。

 IFEXと同時開催でJFIフェアがFAJで開催されたと同じ構成です。規模は全くオランダが大規模ですが、ホルティフェアは企業集団が出展、アールスメールマーケットは個人農家が1坪の出展です。

 そのほかフローラホランド市場や、ベルギー・フランスの量販店(カルフールやコーラ)の花売場も視察します。

 参加者は25名で市場関係者、仲卸、花束加工業等で、生産者は私一人、JA職員は大井川より1名である。日本植物運輸の柏村社長が視察団長。

  →→→ホルティ・フェア

■特にホルティフェアでのトレンドとか、カタログとか、希望があれば10月30日までカンケ宛メールでお知らせ下さい。可能な限り現地で調べてみます。すでに1件はそうした要請がありました。具体的にこの出展社の、この品種のカタログと展示場の出品植物の写真撮影を依頼されました。

 私自身はかすみ草農家なので、かすみ草の種苗に関する出展ブースについてはウェブサイト上で報告する予定でいます。そしてリテール(小売り)に関すること、消費者との接点となる花売場等でのアイディア、MPSなどのラベルの事情は調査する予定です。

 こうした点はどうなのか?ということを事前に、また具体的に企業名などを教えて下さい。社名でウェブサイト上で、出展場所(スタンド)がわかればそれもお教え下さい。オランダで提案することがすべてではありませんが、新しい動きは必ず展示会で小さな展示で紹介されていることが多いものです。当然無料です。

 昨年のように2日間、全ブースをまわって調べる、、、数千枚の写真を撮る、、、というのはとても体力がもたないので、絞ったポイントを見ます。それには皆さんの視点が必要です。ただ紙の重さは相当になるので、資料カタログを多く持ち帰ることは不可能なので、写真が中心になると思います。

 カンケ →→→ kaken@cocoa.ocn.ne.jp

■昨年の渡欧の取材器材。ノートPC・外付けハードディスク(40GB)。カメラ2台。このほか小さなデジタルカメラ1台。カメラは1台をスーツケースに、1台を機内持ち込み手荷物に分け、PCは手荷物に、ハードディスクはスーツケースと、すべてふたつに分けました。スーツケースが出てこなくなる、、、、あるいはどこかの空港に行ってしまうという事故や破損を考えてのことです。現在スーツケースは20kg厳守なので、これに着替えの衣類と防寒着、ガイドブックを入れると定重になってしまいます。コンパクトフラッシュは1GBを10枚、その他5枚準備しました。これもふたつに分けました。計4200カットの写真を撮りました。紛失、破損しても大丈夫なように、撮影したら夜に宿舎でハードディスクとノートPCに写しを取る、、、コンパクトフラッシュを入れて3つの控えを作りました(手荷物、スーツケース、小さなカメラバッグ)。あとはノート。現在の自分たちの課題の解決やビジョンを考えるために観察し記録を取ります。記録を取ることが目的ではありません。ただ、あとで記録から発見、気づくことも多いので、問題意識+周囲の事象ということで見ます。

|

« 提案アリ | トップページ | 農業の速度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 提案アリ | トップページ | 農業の速度 »