« 他者への敬意 | トップページ | なめこの季節 »

2006年10月10日 (火)

開花室

20061010img_39042006年10月10日(火)朝6時より、第②集荷所、、、、中向地区に昨年できた昭和村集出荷所の第①室は開花室となっていて、今朝、本名敬副会長とともに、作業をした。7時40分から電灯を点けた。

 開花室はオープニングルームといい、水揚げ(前処理)や、つぼみの開花に利用する。

 今回は量販店むけの染色(カラーリング)。

  昼の12時15分に電照打ち切り、染色終了。20061010img_3990

■午前中、県坂下農業普及所(3名)、村役場産業建設課栗城秀策課長、進也係長が被害状況調査。昨日、ハウス被害調査は終わり、今日は作物(かすみ草)の被害状況調査。 別に、政府(農水省)の統計情報事務所の調査も2名来村有り、応接。

 本名敬副会長は10時に災害見舞いに来村した仙花:谷井専務を案内し矢ノ原高原へ。役場村長に会い、専務は帰られました。ありがとうございました。

-----

■木村元彦著『オシムの言葉』(2005年刊、集英社)。41ページより。20061010img_3927

 オシムの母は得意の裁縫で家計を支える一方、子供に対しては非常に教育熱心な女性だった。それは学習に対してだけではない。弱者に対する慈しみを持つことや異なる習慣や文化を持った者を見下さず尊敬するようにオシムに説いた。(略)

 母はまだ幼かった息子(オシム)に、この石炭を高齢者や戦争で負傷した障害者の家に運んであげるように命じた。氷点下を示す真冬、オシムはかじかんだ小さな手で黒く思い固形燃料を両手に持ち、何軒もの家に配り歩いた。20061010img_3940

|

« 他者への敬意 | トップページ | なめこの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他者への敬意 | トップページ | なめこの季節 »