« 解体① | トップページ | 欧州レポート④ »

2006年11月10日 (金)

楽市楽座な世界

■③の記事は、未明に加筆しました。いろいろアールスメール・マーケットの開催の意味を考えたとき、フローリストを対象にした展示会という位置づけだろう、、、、、とするほうが規模や中味が理解しやすい、と思いました。リテイラーでは規模が小さすぎます。ホルティフェアのブースにはアールスメール市場も市場として出展していてそれは世界中のリテイラー向けです。自分が書いた記事を、たとえば新聞社のデスクの立場で読んだとき、このフェアの目的は誰の為なの?もう一回書き直して、、、、と言われるでしょう。そうした視点で読み直せば、アールスメール・マーケットという名称とロゴデザインの目的がすべて、でしょう。

■トラディショナルなフローリスト(生花店)の復権へ、、、、、アールスメール・マーケットについて。共和党は負けたけど、建国の、、、、、思想、、、、、自由の女神が市神様である。卸売市場で開かれる年1回・3日間の非日常世界。キリスト教世界でのユリの持つ意味は大である。ユリに囲まれた自由の女神。→→→ 欧州記録③ 掲載20061103aimg_6705

|

« 解体① | トップページ | 欧州レポート④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 解体① | トップページ | 欧州レポート④ »