« 時の統制 | トップページ | 売却先を探す温室群 »

2006年11月 4日 (土)

人格を持つカテゴリー

■オランダ花卉協会のマーケティング手法は、、、、、、20061102img_0629 IFEXセミナーで聞いた内容をいま考えれば、売り手側のマーチャンダイジングの手法、、、、つまりベーシック、ホット、トレンド、、、、の分類に対して顧客側(生活者側)からの視点、、、、いまはコーディネイト、、、、つまり具体的なライフスタイルの提示が必要なので、それに人格を持たせた、、、、ということです。これまでは変化を季節感をいう枠でしばり、その季節感は周年化生産される花にはもとめず(つまり作り込む、品種コストをかけずに、、、、調達のしやすさを重要視して)、ラッピング、、、、つまり売場全体の雰囲気で季節感を演出する、、、、というのがオランダのマーケティングでした。そこに人格を入れてきたのが、今年から来年への提案です。3年間の展示会を観察していて、昨年に替えたBBHのディスプレイ映像は静止写真(人間と花)であり、それは今年も同じものをブースで流していたことからも戦略性は変えないことを意味しています。2004年と2005年移行は仕組みが変わったことを示唆します。

 その人格を想定したカテゴリー、、、、、があたらしい戦略として2006年11月に出てきました。うまくいくかどうか?ということとは別として、、、、20061102img_2627

|

« 時の統制 | トップページ | 売却先を探す温室群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時の統制 | トップページ | 売却先を探す温室群 »