« 最終商品と靴底の泥 | トップページ | 仙台 »

2006年12月11日 (月)

売場の主役

■桜井多恵子著『新しい売場構成』(実務教育出版、1994年1553円)。20031108wrcwf332s_1

 234ページ。

 売場の主役。

 商品そのもので季節がはっきりわかること。それが商業の世界におけるプレゼンテーション(演出)技術。~POP広告や装飾品で商品を隠さないこと~

 季節感を商品そのもので表現するということは~その季節にとくに需要の多い商品を、売場の目立つ位置に一品大量陳列することを意味している。お客にとっては、それで十分に季節がわかるのだ。この場合の大量とは、普通の陳列量の十数倍であることが望ましい条件なのである。

---------------

■コラボレーション(協業)しない、製造小売業が伸びている。生産+花束加工。→→→リアルタイム・リテール

■多店舗を支える裏方スーパーバイザーの仕事→→→熱血パートナーレポート(AFM)

 

|

« 最終商品と靴底の泥 | トップページ | 仙台 »