« 消費と創造 | トップページ | 自分たちが中心だ »

2006年12月30日 (土)

アソシエ

■都下板橋市場中卸の自由が丘フラワーズが運営する花問屋アソシエの、本年最後の12月30日のメールマガジンにはまとめのデータが掲載されていました。

 【はなどんや おもしろ情報公開】
 本日現在、はなどんやに会員登録されたお客様 :20924名
 今年、はなどんやから発送したお荷物の件数  :23199件
 今年、最も取扱の多かった花材(金額) :ローズユミ
 今年、最も取扱の多かった花材(本数) :タマシダ
 今年、最も取扱の多かった資材(金額) :アクアフォームスタンダード
 今年、最も取扱の多かったプリザ(金額):ヴェルディシモ(STDバラ)赤6輪入り

 ちなみに取扱の多かった花材(金額)の2位はティネケ、3位はイブミオラ。
やはり年間を通しブライダルブーケに使えるバラが人気だったようです。
想像通り?それとも意外?

|

« 消費と創造 | トップページ | 自分たちが中心だ »