« 下郷町史⑤民俗編 | トップページ | 農の営みから「場所」とは »

2006年12月30日 (土)

順調な降雪

20061230img_6641 2006年12月30日(土)曇。朝、米をといで炊飯器にかけてから、コップ一杯の水を飲んでから、家廻りの雪かたしをはじめた。今日は、昼食だけにする。会津若松の東方尾根上にあるこの地区は雪は少なくなく、強風で有名だ。昨夜は重い雪、、、つまり湿った雪が降り、昨夜から今朝までで40cmの新雪が積もっていた。春に屋根のペンキを塗り替えたので、東面の屋根は半分の雪が雪止めがあるにもかかわらずに地上に落下して山となっていた。

 車を停めておくところなど、長靴より深く(長靴は40cm高さ)積もっていた。ホームセンターから買っておいたアイリス・オーヤマ製のプラスティックの雪かき(雪はね)で、すべて今日は雪をかたづけた。1時間と少しかかった。20061230img_6653

  この人は二時間、雪掘りをしている。→→→→新潟県魚沼

 庭の植木はコーシキ(父が作った木製)で幹をたたいて、雪を落とした。

 冬は畑にハウスは無いが、家、小屋、作業小屋や苗の管理をする鉄骨ハウスなどの雪の始末、、、、は相当な量になる。

 昨日の早朝が国道・県道等の除雪作業を冬の仕事にしている昭和花き研究会の本名敬君(副会長)は、本格的な雪で、未明から夜までの除雪の仕事がスタートしている。20061230img_6655

 昭和村の家に電話をしたところ、昨夜から今朝までで50cm降ったので、積雪は1mになったことと、今朝の雪はトラクターの荷台雪よけでも押せなかった(重い)という。

 Tシャツとそのうえに着た長袖のシャツが汗で濡れて重くなったので、これから風呂を沸かして午前中は風呂で哲学者・内山節の本を読むことにした。浴室と台所の大掃除と洗濯。

■午後は会津若松市内のホームセンター・スーパー等量販店の正月向けの花束売場の調査を半日行う予定にしている。午前中は各店とも除雪で駐車場が混雑するだろう。毎年、十数店舗を盆・彼岸・暮れと定点観察している。価格帯と陳列・MDなどを見る。

|

« 下郷町史⑤民俗編 | トップページ | 農の営みから「場所」とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下郷町史⑤民俗編 | トップページ | 農の営みから「場所」とは »