« 対話力 | トップページ | 596号 »

2006年12月28日 (木)

事前の学習

■2006年12月28日(木)。雨。テレビで夕方、田島の祇園会館?が出ていた。雪になりはじめていました。明日訪問する大内宿の事前調査を27日と今日・28日は行っています。午後に会津若松市内の書店2軒と、会津大学前の古書処・勉強堂で、合計2万円で、計5冊書籍を購入し、2万5千分の1地図を6区画(@270円)購入しました。購入したかった20年ほど前の報告書は3万5千円だったので、購入はあきらめ、立ち読みすることにして、概要を頭に入れました。下郷町史民俗編(7,500円)を含め、大内宿、会津の茅手(屋根葺き職人)に関する資料です。半分に目を通しました。

 地図は、調査する集落の集水域とその尾根の先の集落まで入った範囲のものを購入し、細かく沢や地形で地図を読みます。1月3日にも田島町(南会津町)に聞き取り調査に行くので、その地域の地図も購入しました。

 今夜から明日は雪。大雪の注意報になっています。朝早く出て、調査集落の全景を写真に撮り、あとは歩いて可能な限り調査開始の時間までを観察と撮影をしてすごします。記事に掲載する写真のイメージを数枚決めました。あとは現地で発見したことにまかせてふくらませます。雪が降るので、そのような対応を考えています。写真機の電池と替え電池の充電、記録メディアの準備、承諾が得られれば録音取材するので、その器材の点検。防寒衣の準備、必要な資料のコピーなどがほぼ終了しました。あとは明日の成り行きで進めます。市内の菓子舗で手持ち(土産)も購入しました。訪問先への謝礼です。

 取材計画のなかで、質問項目は作りました。今後の展開を予想した3ヶ月の取材計画と執筆計画、対談の計画もシナリオを素描しました。

■これから関連する人に会うため、籠太に向かい、事前の知見とします。2002年に籠太(当時はふくまん)で阿賀野川に関する座談会が開かれていました。

|

« 対話力 | トップページ | 596号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 対話力 | トップページ | 596号 »