« 沖縄から東京へ | トップページ | 絞り込んだ提案を »

2006年12月 8日 (金)

聴く側の立場

20061207img_4579 2006年12月8日(金)。出張12日目。東京都下に投宿中。未明、これから大田市場花き部に行き、仲卸街の店頭調査をする予定だ。中央花卉に、はじめて和歌山県のJA紀南の染めかすみ草(カラーリング)が今日100本入荷する、というので延泊している。それを記録しておきたい。ジョン・レノンの命日でもあり、本当なら大宮、、、さいたま市のさいたまアリーナ内にあるジョン・レノン・ミュージアムに立ち寄ってから、帰郷と思っていたのだが、今日に予定していた昭和花き研究会の第3共選所の反省会(せいざん荘)は、該当会員の関係者の葬儀等になったため、明日に延期となった。

■11月30日に講演した福岡県八女郡広川ガーベラ工房(JA)の生産者の皆さんの、感想が書かれているので紹介します。近藤氏、熊添氏によるコラムです。2次会のスナックにはなぜかギターが置いてあり、1曲歌いました。九州男児に敬意を表して熊本出身の小山卓治の曲です。ジョンレノンが凶弾に倒れた12月8日のダゴタハウスのことを歌ったものです→→→広川ガーベラ・産地からのお知らせ

■現場に立つことの意味は、自分の五感で感じること。目に見える形式知に頼らないことも、時に必要→→→谷口正和氏12月4日の言葉20061207img_4275

■沖縄で、新しく出会った人、、、、香川の瀬川雄幹さんと、太陽の花の営農指導課長の金城利也さん。僕は、この二人から、今後の産地運営について、多くのことを教示いただいた。講演会後の二次会、、夜遅くまで、、、、、最後の最後まで、この二人に宿まで送っていただいた。

 →→→太陽の花(沖縄県花卉園芸農協)

 →→→昭和花き研究会・更新情報をクリック

|

« 沖縄から東京へ | トップページ | 絞り込んだ提案を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沖縄から東京へ | トップページ | 絞り込んだ提案を »