« 歳徳神と加齢 | トップページ | 農産三階建流通 »

2007年1月 2日 (火)

大麦の粒

■新聞を読んでいると、、、、、

2006年12月31日の福島民友3面に、約50年前に出土した縄文時代晩期から弥生時代前期にかけた土器片から、大麦の粒が発見された、と記事があった。

国内で5例目 大麦の粒出土
上野尻遺跡(西会津)

1956年(昭和31年)七月に実施した発掘調査の際に出土した土器(深鉢)の底に近い部分に炭化した大麦の粒が発見された。当時は麦の付着は確認されておらず、今回の福島県立博物館の再整理の結果でわかった。東日本では、青森県での出土に続き2例目。

20070101img_7317

|

« 歳徳神と加齢 | トップページ | 農産三階建流通 »