« 見えない相手 | トップページ | 会津若松の十日市 »

2007年1月 7日 (日)

統一ブランド

■1月5日の日本農業新聞の最終面は(株)サカタのタネ(種苗会社)のカラー刷り全面広告で、トウモロコシとトマト。

 王様トマトとは、、、、しっかりした肉質の特長を利用して畑で赤くしてから収穫する赤熟トマト青果の統一ブランドです。
 「麗夏」「麗容」「ろくさんまる」「マイロック」「ごほうび」の5品種で構成されています。

 →→→ 王様トマト

■翻って1面を見ると「企業型社会の先へ 脱石油の時代 農業が先導を」(アシスト代表 ビル・トッテン氏)

 消費税導入以来、消費税収は120兆円だが、その間の企業の法人税の減税分は107兆円に上る。消費税は、大手企業の福祉に使われているようなものだ。

 1カロリーの食べ物を生産するのに、10カロリーのエネルギーが必要で、石油を食べているのと同じだ。

 化石燃料に頼る世界を変える必要がある。有機農業への転換を進めるべきだ。

 私の会社では昨年8月に、農業プロジェクトを始めた。農業に興味を持つ社員に対し、農地までの交通費や農機具代を会社が負担する。くわ一本で有機農業に取り組むことを奨励している。現在、京都、大阪、兵庫の3カ所で行っている。(略)

 企業が農業分野に参入しようとして、農地取得の規制撤廃を求めていると聞くが、危ないことだ。農業を守るために許すべきでない。

|

« 見えない相手 | トップページ | 会津若松の十日市 »