« 品質保証 | トップページ | 春の野と花 »

2007年4月24日 (火)

やせたひと002号7ページ

■松山誠さんが3月で退社してから、こつこつと自らの足で歩いて16ページの写真とテクストの雑誌を発刊している。先日、世田谷市場でお会いしたときには、今後はテキスト中心になるかもしれない、、、と話していました。ミクシイの彼のサイトでも、その思慮の旅がなんであったか、時に垣間見ることがあります。

 16ページが30日間かけて作られて、それは現状では無料で読める、、、でも巻末には「発売」とかかれています。タイトルのイメージは、修行僧でしょうか?

 「生産者が環境に配慮して未来から今を逆算して行動する意思表示のサイン」とMPSを取り上げています。4月3日に新発田市の富樫君の話を昭和村で聞いたことから、説き起こしています。富樫君が自ら栽培したバラを持ってきてくれたのです。pdfファイル。→→→やせたひと5月3日号 002の07

 バックナンバーは →→→ やせたひと

|

« 品質保証 | トップページ | 春の野と花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 品質保証 | トップページ | 春の野と花 »