« おおやだき(大谷滝) | トップページ | あぜ道講習会(自主) »

2007年5月 8日 (火)

1000mにも春

■2007年5月8日(火)晴れ。早朝の博士峠のブナ林を歩いた。標高1000m付近のブナの大樹もいま葉をひろげはじめようとしていた。林床には雪は無くなり、野鳥が多く活動をはじめている。繁殖期に入った。ブナが葉を広げると昆虫、蝶蛾が卵を産み、それがふ化して、幼虫が葉を食べる。その青虫を頼りに野鳥は、ヒナに給餌し繁殖を進めるのが多い。ウグイスもきちんと鳴くようになり、渡り鳥のツツドリ、、、も鳴いている。キツツキでも大型のオオアカゲラも今朝は見ることができた。道路沿いでは腰の羽が白く目立つカケスが多く見られるようになった。

 3年前の春、、、2005年5月のいまごろは、ブナの花が一斉に咲いて、秋に多く実をつけた。昨年、今年は、ブナは花を付けない。

20070508xdsc04658

|

« おおやだき(大谷滝) | トップページ | あぜ道講習会(自主) »