« 露地栽培に学ぶ(雨の日散水) | トップページ | 5月28日(月)2箱・仙花 »

2007年5月26日 (土)

露地定植1雪ん子360プラグ直定

■2007年5月26日(土)晴れ、強風。前日の25日は終日降雨があったので今日は朝8時より12時まで定植作業を行った。

 5月24日(木)に宅配便にて入荷したプラグ苗4トレー(約450本)を、着後、鉄骨ハウス内で馴化作業を行い、26日朝に有機液肥灌水し畑に運搬した。

 畑は当会のオーガニックフラワー研究班の基準(有機JAS準拠)で5月16日に条施肥・白マルチ被覆しておいた。

 35cm間隔にあけた穴に、かすみ草のプラグ苗を直接定植し、有機液肥を灌水し、植え穴にもみがらクンタンを敷き(来年の土壌改良剤として、今年の雨水による泥跳ね上げ防止・除草効果)、通路に黒の不織布(通路マット・ラブシート)を伸展し、さらに今回、べたがけ資材の不織布「青パオパオ」で被覆した。さらに強風対策としてハウススソまわりに白のネット(シルバー繊維編み込み防虫)で囲いとした。からむしを柵でおおうようなものである。この状態で灌水はせずに雨水たよりで10日間ほど静置しておく。

 品種:雪ん子360

 露地雨よけ栽培(かすみ草の開花時期にパイプハウスの屋根をビニルで被覆し、雨から花を守るようにする)。

■有機液肥も2種の比較試験区を設けた。

■これまで冬期間に議論してきたプロジェクトを次々に実証試験を今年は行って、現地検討を行い、来年に本格導入できるように栽培技法を仕様書に基づき標準化していく。そのためにエコファーマー認可や、MPS、オーガニックの調査・視察を行ってきた。モダンな、その仕組みで、これまでの仕事の流れをさらに見直すことが目的である。減肥・減農薬・減作業(すなわちコストダウン)による高品質化を同時に目指す。

20070526dsc06070

20070526dsc06075

20070526dsc06080

20070526dsc06082

20070526dsc06083

20070526dsc06085

20070526dsc06119  20070526dsc06088

20070526dsc06094

20070526dsc06114

|

« 露地栽培に学ぶ(雨の日散水) | トップページ | 5月28日(月)2箱・仙花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 露地栽培に学ぶ(雨の日散水) | トップページ | 5月28日(月)2箱・仙花 »