« ふるさとは、いつも笑顔で迎えてくれる | トップページ | 熊も出てくる »

2007年5月21日 (月)

エゾハルゼミ 鳴く

■寒い日が続いている。

■今日、2007年5月21日(月)は零下になった山岳地帯もあり、降霜も高山帯ではあったようだ。とても冷え込んだ。日中は一転、暖かな日になった。エゾハルゼミの大合唱がはじまりました。地中で数年暮らし、ブナ林でふ化をはじめています。今日の早朝、標高1000mのブナ林を歩き、見つけたのは日当たりのよい、大人3人くらいでないと抱えられないような太いブナの樹の目の高さのところに1個、エゾハルゼミの抜け殻を見つけることが出来た。相当探して、、、歩いた。今日は明日は、、たくさんふ化するのだろう。手が寒さでかじかんで利かなくなった。

■イオスkiss一眼レフで通常撮影。いちばん下はソニーのハンディカメラで接写。

20070520img_0012

20070520img_0096

20070520img_0042

20070520dsc05700

|

« ふるさとは、いつも笑顔で迎えてくれる | トップページ | 熊も出てくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふるさとは、いつも笑顔で迎えてくれる | トップページ | 熊も出てくる »