« 情報処理の見直し | トップページ | 6月6日(水)定例会・あぜ道 »

2007年6月 6日 (水)

バトンを受ける

■2007年5月28日から今季の当地のかすみ草の出荷がはじまりましたが、とくにカラーリング(染色)のかすみ草については熊本県のJA菊地と、和歌山のJAみなべいなみ、との間のリレーを行っています。

■6月になり、それら暖地産カラーリングを使用していた顧客の量販店等のバイヤー氏や、卸市場担当者から連絡をいただくことが多くなりました。当会の染色は7月から対応が基本(品種のため、ニューホープとニューラブ、ホワイトフェアリーの多花弁花を染色することとし、サイズは80cm秀品のみを、STSと同時染色技法)としています。

■昨日、JAみなべいなみの花販売担当の為橋君と電話で話す機会があり、今季の販売概況をうかがった。そして染めの終了時期でもあり、そのことも当会が引き継ぐ顧客の件についてもお話をしました。ご苦労様でした。

■今季は、和歌山県田辺市のJA紀南でも染めかすみ草の対応がはじまり、中央花卉に入荷が継続して、それを当会が引き継ぐこととなった。担当の山本さん、お疲れ様でした。

20070605dsc06634 20070604dsc06621

|

« 情報処理の見直し | トップページ | 6月6日(水)定例会・あぜ道 »