« 中谷さんの仕事 | トップページ | 堂本君 »

2007年7月24日 (火)

今朝の気温11度

■2007年7月24日(火)。雨の雲に覆われた暖かい夜がおわり、雲が無くなり、今日はこの夏いちばんの暑さになる、と昨夜のテレビニュースは伝えていた。今朝は、午前4時で、外気温は11度と、Tシャツではすごせない気温だ。ハサミを持つ手がかじかむ。朝の花きり。

■ホームセンターのみっつのチェーン店向けのフェア花材(染めかすみ)と、週末の鹿沼市のいわいさんのところの初のフェア(投入は白のほか、染めが50箱、2000本、と、とても多い)、中央花きの定期分など、、、、200箱近くを染める。

 染めだけを陳列して、白のかすみ草が無い店頭での産地フェアはうまくいかない、、、なんども経験しています。白と染めが半々のときに、合わせ買いが起きるのです。染めが白を引き立て、白が染めを引き立て、どちらも買っていただけるのです。フェアは商品の紹介とともに売り上げをつくる仕掛け(染めかすみフェアではない、、、、)、購買点数を増やすためのしかけ、工夫が必要になります。フェアの脇の売り場に、どんな花を、どの価格帯で置くか?がポイントになります。

 そしてフラワーフードの布教。これが買っていただいたお客様が、はじめて花を買ってもうまくつぼみを咲かせていける仕掛けを、「参加型で花を楽しむ」のです。花の力だけでは長く咲かせることはできません。手を貸すしかけ、をフェアのときには行います。

 いわいさんは、キープフラワーを使用している、ということを打ち合わせの時に聞いているので、フジ日本精糖の樺沢さんから店頭購買者への配布用のキープフラワー小袋を提供していただきました。かすみ草を購買していただいたお客様に手渡しし、つぼみが咲くためには、これがあると便利です。CDサイズの、フラワーフードを使う意味を書いた昭和花き研究会の専用チラシもいま1万枚を印刷依頼していて、今回は裏側にお店の店名印を押せるスペースと、産地のウェブサイトのQRコードを入れました。5年ぶりの改訂版です。

 地方での、はじめての催事は、ていねいに大切に行いたいと思います。この週末です。

20070724dsc00263

|

« 中谷さんの仕事 | トップページ | 堂本君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中谷さんの仕事 | トップページ | 堂本君 »