« 雑誌フローリスト8月号 | トップページ | 花持ちという基本性能 »

2007年7月13日 (金)

被害対応

■2007年7月13日(金)雨。台風4号が沖縄接近中。梅雨前線で時折強い雨。

■夕方の仕事が終わったのが20時。父は、自宅に入るとすぐ、ヘッドランプの単3電池を新しいものと交換しはじめ、ついで単一電池を複数の懐中電灯に入れ替えた。今夜以降、家の前の川が増水し洪水になってもよいような対応になっている。明日いちばんで、農機具を高台の洪水被害の合わない県道脇の空き地に移すことを説明していた。花のバケット等も4年前は洪水にあったので、明日来るバケットは高台の県道下に置いてもらうよう変更する。

■滝谷川の水位は現在50cmほど。平常より増水している。これまでの雨があるので、一降りで相当増水する。被害を見越して対応を皆はじめた。家の前の川は毎日見ているが、雨続きになると1時間おきに誰かが見ている。

■昨日は国道400号、隣町の金山町のスキー場のある小栗山地区で土砂崩れ危険で一時通行止めになった。春に家がつぶされた土砂崩れ現場だ。

20070713dsc08872

|

« 雑誌フローリスト8月号 | トップページ | 花持ちという基本性能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑誌フローリスト8月号 | トップページ | 花持ちという基本性能 »