« 染め色かすみ草の、、、 | トップページ | ハウス巡回へ »

2007年9月 6日 (木)

論理

■7月15日に発売となっている『季刊・東北学12号』の巻頭鼎談は、「民俗文化の構造と記述をめぐって』で、伊藤幹治・赤坂憲雄・田口洋美。

 赤坂氏は、「『日本人の人類学的自画像』を中心に伊藤さんの著作を読ませていただき、喉元に刃を突きつけられる思いを感じたと同時に、自分で曖昧にしていた問題を、民俗学だけでなく民族学や歴史学や人類学との相互的な関連のなかで、、、伊藤さんにクリアにしていただいたという思いを持ちました。

 記述と記載、、、観察がない、、、、など気づかされる対談であった。

|

« 染め色かすみ草の、、、 | トップページ | ハウス巡回へ »