« 東北の酒田の力 | トップページ | IFEX会場準備風景 明日開場 »

2007年10月10日 (水)

MPS参加者ネットワーク協議会

■2007年10月10日(水)、午前10時から、東京都内 一口坂の法政大 新一口坂校舎5階の501教室にて(JFMA、MPSは6階に事務所がある)で、第2回MPS参加者ネットワーク協議会が開会されました。→→→MPSジャパン

 1月から登録作業がはじまり3月末からMPSラベル(認証)の切り花、鉢花が流通しています。その加盟生産者によるネットワーク協議会が4月17日に設立され、今回が2回目の会合となりました。会長は岐阜県のセントラルローズの大西隆社長です。

■JFMAの小川孔輔会長の挨拶、MPSフローラルマーケティング(株)の松島義幸社長の挨拶では、MPSの登録生産者は9月末現在、94名(農場)となったことが事務局から報告されました。

 参加者の自己紹介とMPSの記帳や取り組みでの課題が話されました。

■松島社長から今後進められる卸市場や仲卸・花束加工業の流通認証(MPSトレード)の説明、 5月25日から首都圏の4店舗(小田急フローリスト新宿本店、青山FMドームシティラクーア店、花良品有楽町、フロレアルオペーク丸の内店)で行われたMPSの花のテストマーケティングの結果について報告がありました。

 MPSの基準設定委員会、監査、MPS農薬リスト(禁止農薬等)、IFEX2007での展示などが説明されました。

■MPS参加生産者の独自の取り組みとして、新発田市の花プランのバラでのMPSフェアが千葉県佐倉市萌木商店でのフェア、新潟県内の量販店でのフェア。花職人Aizuのトルコギキョウ等による8月3~5日の八王子祭りでの多摩花売所の事例。草月流の花匠前野氏の個展への提供などがスライド紹介されました。

■小田急フローリストの敬老の日の商品にMPSの花を使用や、大田市場内での8月27日からのMPSのPR活動が紹介されました。

 これからの花の価値として、環境への配慮、安心・安全へのこだわり。目に見えないクオリティ=目に見えない価値、目に見えない価値をかたちにできるツールがMPS、、、

20071010dsc02229

 

20071010dsc02232

 20071010dsc02238

20071010dsc02250

   

20071010dsc02262

|

« 東北の酒田の力 | トップページ | IFEX会場準備風景 明日開場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北の酒田の力 | トップページ | IFEX会場準備風景 明日開場 »