« 紫の活かし方(銀座編) | トップページ | みえ県みはま町 »

2007年11月19日 (月)

鏡が見せる社会

■生け花の鏡(前野展)

カーブミラーのアナログ性

生活圏

そこに道できた意味

ヒトが住む山村社会では、道はヒトが来るものという前提

ヒトは住んでいるんだろうかと山道の中央を走る都会者の車には、車が来ないという前提

カーブミラー(道路反射鏡)の持つ意味

ほんの少し、見えない曲がった道の先から来る車があるかどうかを知るだけで得られる安堵感

バックミラーの持つ意味。後ろも振り返りなさいという。距離感。

鏡は魔術に近い。見えない自分を映す。

古代、鏡が権力の象徴として配布され、そして古墳に副葬された。

僕らは鏡(ミラー)には未来があるように思う。

我が国の国会で折しも政府の機関と関与が糾弾されているのがニホンミライズ。音(韻、おん)の響きが与える心理的影響がある。

20071117dsc05408

|

« 紫の活かし方(銀座編) | トップページ | みえ県みはま町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紫の活かし方(銀座編) | トップページ | みえ県みはま町 »