« 落葉進む | トップページ | 木枯らしに »

2007年11月15日 (木)

栃の実を集める

■15日、少し天候が回復したので午前中は「栃の実」(トチ)を集めるために、集落上流の山塊山麓に行って、2時間ほどひとりで、落ち葉の下のトチの実を集めました。

 肉厚の外皮があり3分割すると中に実が入っています。これを家に持ち帰り洗い干します。

 トチの木は花から蜜がとれるほか、材も有用ですが、できるだけトチノキは伐らないで沢筋に残してきています。そうしたところをトチクボ(栃窪)と呼び、数百年、保全してきました。

 ついでにコナラの実(ドングリ)も。こちらは根が発根はじめていました。シダミともいいます。シダミ坂というところが近くにあります。

 トチの実は9月中旬に拾うのが良いのですが、入院とかあって、いまになりました。

 木の実が落ちたあとに、その樹の落ち葉が積もり、護ります。

20071115dsc04827 20071114dsc04777

20071115dsc04809

 

20071115dsc04813

20071115dsc04820

20071115dsc04826

20071115dsc04845

20071115dsc04847

20071115dsc04840

20071115dsc04843 

|

« 落葉進む | トップページ | 木枯らしに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 落葉進む | トップページ | 木枯らしに »