« 消費低迷 | トップページ | 花の可能性 »

2008年8月22日 (金)

エスメラルダ

■2008年8月22日(金)雨上がり晴れへ。

 昨日(21日)は雨。午前9時30分から11時30分、定期外部監査。午後は昭和村公民館で定例会。その後2社の種苗会社の方々と村内試作圃場を巡回し、会津若松へ。夜22時まで懇談した。

■宝石のエメラルドをスペイン語、ポルトガル語でエスメラルダという。翠玉、緑玉。コロンビア産が6割。

■エクアドルなどに農場を持ち花の生産を行っているエスメラルダ・ファーム。同社オランダのアールスメールの事務所のディレクターのルイ・ホーイマンさんが来日し、キリンアグリバイオの案内で昭和村に来られた。種苗事業本部ライセンス部長森本博幸さんの通訳で60分、話をうかがった。

 エスメラルダは生産農場で5000人の従業員を抱え、様々な切り花を欧米に出荷している。育種も、花束加工も行っている。かすみ草はエクアドルに適合した独自品種を育成し、北米向けに67%、欧州向け33%の出荷をしているという説明でした。露地・補光栽培で、1輪開花で切り砂糖主体の液につけ約1週間、ハウス内開花室で開花させそれ以降は5度以下で貯蔵・保管・輸送している。

 品種は北米向けはパーティタイム(一重ですらっとした使いやすい)が主流で、ファンタイムが次ぐという。欧州向けはダブルタイムが中心でファンタイムも。

■日本国内でダブルタイムをまとまって生産しているのは熊本県のJA菊地管内のミリオンスター部会で、この秋冬から出荷がはじまる。

■定例会では帰路の関係から15時でエスメラルダを終了し、本名敬副会長が雪の集荷所に案内し、見送りました。

 一方、公民館での後半はスミカの永島さん、西川さんから最近のイスラエルのかすみ草の事情と、国内産地の品種構成が大きく変化していることをうかがいました。

080821dsc06921

080821dsc06925

« 消費低迷 | トップページ | 花の可能性 »

花と農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費低迷 | トップページ | 花の可能性 »

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。
無料ブログはココログ