« MPSサポーター | トップページ | 動画1 コロンビア・ラプラゾレタ社 パーフェクション1 »

2008年9月30日 (火)

人が伝える花の魅力

■今回、南北アメリカ大陸をはじめて訪問し、短期間で歩いた。農業地帯の泥をかなり踏んだ。日本に到着してからも、歯ブラシで靴底をよく洗って泥(微生物)を落とした。特に、靴といえば空港のチェックイン後に、自分で靴を脱いでトレーにいれて空港のレントゲン透視装置に手荷物とともに流すことも、入国時に何度も両手人差し指の指紋を毎回採られ顔写真を撮影されることも経験した。

■花卉産業は、コロンビアは日本より規模も品質もコンセプトも格段に先を歩いていることがよく理解できた。来年はコロンビアで展示会がある、という。エクアドルと交互に展示会を開催している。

-----

■9月26日の朝早くボゴタ市内からバスで郊外に向かい、ラ・プラゾレタ社を訪問した。大型観光バスは狭い農園入り口から入ったものの、園内に残されている樹木の枝を一部折りながら前進して煉瓦造りの平屋の事務所前に停まった。そこで引率・通訳の海下さんがまずバスから降りて農園の担当者数名と握手・挨拶をする。挨拶はスペイン語だ。日常会話はスペイン語の国である。

 平屋建ての小さな部屋には白いスクリーンが設置してあり、そこで農園の担当者の英語による農園の説明を聞く。通訳は海下さん。

■座る場所の無くなった私は、一番前の席にすわることになり、左手でビデオ撮影しながら、同時に右手でメモを取るかたちで、スクリーン右手に立つ説明者のリチャード・オロゾコさんと、いちばん近くで向き合うことになった。この男性は、たぶん、28歳くらいだと思われた。

  →→→ 動画掲載予定

■すぐにわかったことだが、よく考えられたプレゼンテーションで、社内でも繰り返し内容が練られたと思われる、優れた意志の伝え方、説得の仕方であった。そしてその内容は「花生産の基本」だけを見つめ続けた農園のビジョンが強い意志としてある、ということを感じるのに時間はかからなかった。

 「ああ、この男に会うために今回の旅があったのだ」と、強い引力を感じた。

 若く、よけいなことは話さないが、眼がとても澄んでいる男で、理性があり、そして強い意志と、自らの仕事と、自信がよく伝わってくる。

 コロンビアという地域はこうした人間を育てる国である、ということがこの旅の終盤でまず感じたことであった。気象は平易で年中普遍、一日の昼も夜も同じ長さ、、、、しかし人びとはとても魅力的で、そして多彩であった。

20080926cbadsc09949_2

この農園は1985年、5ヘクタールのかすみ草の生産からはじまりました。フィラーフラワーを作っています。サマーフラワー(草花類)を30ヘクタールの無加温ハウス面積規模で経営し五百人の労働者が働いています。コロンビアの環境認証であるフローラヴェルデFLORVERDE、適正輸出を行うBASC、ISO9001SGSも取得しています。

■パーフェクションParfectionはアメリカ合衆国、ロシア、英国に花を販売していて、五農場がそれに加盟しています。5%のブランド使用料(パテント)を徴収し栽培技術、包装等技術を提供しています。アルストロメリアとスナップドラゴン(金魚草)は花穂長が30cm、草丈は80~85cm。カーネーションは「ある処理」を五時間します。

 タオTAOは、リモニウム類の栽培の十六年間のなかで、あるバクテリアがニオイを消す効果があることがわかりました。異臭のしない商品作りです。加えて賦香(香り付け)することにより商品価値を高めます。自然抽出物で賦香し、三週間は持ちます(スプレー噴霧で賦香)。

■パーフェクションの取り組みのきっかけは、この農場の社長の息子の一人が滞在中のカナダでみたアルストロメリアはとても良い色だった、ということからはじまりました。彼はフラワーデザイナーです。なぜ自然環境の良いコロンビアできれいな花ができないのだろうか?がスタートでした。太陽光、水、栄養の見直しをしました。圃場をよく見てみると、良い色を出しているアルストロメリアの株があり、その花を作っている栽培環境を調べることを繰り返しました。花を持たせることもできるようになり、通常四cmの花を5~5.5cmの花にすることが栽培技術で可能になりました。来年(2009年)の3月には8cmの花を提供できます。そして秋の日本のIFEXに出展します。コロンビア・日本の100年記念の本年出展したかったのですが、今年は準備不足で出展をあきらめました。
 現在パーフェクションは60%。アメリカ、カナダ、ロシア向け。
 (育種ではなく栽培技術で花作りを見直し、その花の価値を見直し、花を見直す)。

« MPSサポーター | トップページ | 動画1 コロンビア・ラプラゾレタ社 パーフェクション1 »

2008sep JFMA南米視察」カテゴリの記事

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。
無料ブログはココログ