2008安定品質

2008年12月29日 (月)

花の水あげ

■2008年12月29日(月)曇り。

■切り花の水切り →→→ フラワー・フラワー

20081228dsc03483

2008年11月 4日 (火)

品種学習検討会

■2008年11月4日(火)午前小雨、午後曇り。気温7度。

■午前、大沼郡金山町川口の金山普及所に佐藤充技師をたずね、IFEXの報告と、今後の品種学習会を以下の通り決めました。来年の種苗注文締切が迫っているためで、昭和花き研究会会員対象の学習会で、講師は佐藤充氏。全体での協議会試作結果(アルタイルピンチ技法)は12月上旬頃開催の予定。

 11月6日(木)午後4時 昭和村中向集会所(第2地区反省会あわせ開催)

 11月14日(金)午後1時~昭和村大岐センター(第1,第4会員対象)

 11月14日(金)午後3時30分~三島町宮下・町民センター(第3会員対象)

 ※17日(月)13時より第3集荷所冬囲い、15時より同所にて反省会

■今後の出荷日は、11月7日(金)、10日(月)、14日(金)、17日(月)最終

2008年10月28日 (火)

アルタイルは自分でマーケットを作った

■昨夜(10月27日)、午後6時30分から6時間ほど、未明まで10社の卸、3社の種苗会社の担当者と、個別に今年の取り組みや販売現場・生産現場の変化について意見交換をした。この冬から来年の春までの取り組みと、来年自体の仕事の進め方についても話を詰めた。昭和花き研究会の総会は今日の午前。それを終えて私が11月、12月、2月に訪問する時期を卸市場の担当者と話し合い、解決するための課題を明確にした。昨夜は大きな渦のなかにいる気がした。私は酒は飲まないので、日曜(26日)の夜から昨日まで睡眠をしないで仕事(セリ)をして、昼に市場を発って参加した人がほとんどなので、夕食会後、2次会には参加せずに、あるいは途中で退室してよいこととして、その送迎も担当したが、渦から出ることで、そうした一人の時間で、いくつかの重要な着想もあった。

■そのなかで、N氏が語った「かすみ草・アルタイルは、自分でマーケットを作った」という言葉が印象にある。

■今日の午後2時30分から、会津若松市内の県立博物館でMPSの講演会がある。欧州・オランダの代表デグルート氏が講演する。9月から世界の金融・経済は激変している。そのなかでどのように花の流通大国は展望を持っているのだろうか?それを聞く。

 また10月30日から3日間開催されるIFEX展示会(幕張メッセ)。その専門セミナーでもオランダの卸の実務担当者が講演をする。スタンダード(標準)の底上げが具体的に示される。コロンビア・エクアドルの出展ブースも世界の花の牽引役であり注目されている。

  →→→小川先生

 今回のIFEXには期間中、国内の共選産地が100団体、視察申し込みがある。昨年の倍増以上である。それだけ生産者側の危機意識は高い。

2008年10月11日 (土)

10月10日(金)の販売結果

■2008年10月11日(土)雨で寒い日。時折木枯らしが吹き、紅葉した葉が舞う日。ブナは黄葉を強め、ウルシは朱に。

■10月10日(金)の販売結果(精算1本単価)は以下の通りです。かすみ草18品種。572箱。

品種名・80cm・70cm

アルタイル236/177

ホワイトベール200/120

ファンタイム160/120

ダブルタイム280

ミリオンスター220/180

スノーベール199/140

スノークレスト263/150

スノークイン248/110

クリスタル177/107

雪ん子360・201/143

ホワイトロード180/157

ホワイトフェアリー255/212

ニューホープ213/181

ニューラブ211/150

雪景色(BF)228/120

ポラリス208

マイピンク157/100

染め色かすみ草230

試作種270

平均80cm206円/70cm130円

■10月13日(月)出荷数は628箱11社送り。

■10月17日に昭和花き研究会役員会があり、この10日までに昭和花き研究会の生産者全員に2009年度アルタイル系品種作付け意向調査をしました。種苗会社各社にお知らせいたします。28日の総会時の参考にして下さい。

 特に「アルタイル系」の品種のみ集計をしました。年間作付(新苗)は20万本で、アルタイル系は67800本のうち栽培比率は以下の通りになりましたのでお知らせします。全体の33%になります(本年は10%)。アルタイルのみであれば434%伸びです。

アルタイルロング41%

アルタイル29%

ファンタイム16%

ホワイトベール7%

ホワイトベールロング3%

ステラマリス4%

■10月10日は福島市。土湯峠は紅葉でした。

081011dsc00057

2008年10月 3日 (金)

反射シート

20081003dsc01128

20081003dsc01123

20081003dsc01146

20081003dsc01147

20081003dsc01151

20081003dsc01165

2008年8月12日 (火)

45日、アルタイル咲く

■2008年8月12日(火)晴れ。

 午前2時30分までデスクワーク。そして出庫作業。我が家は少なく56箱。午前6時より1時間、境の沢道下1,3棟のかすみ草の採花。6月24日定植のアルタイルが8月8日から咲いている。父は岩下上と大田下圃場のプラグ直定分の雪ん子360の採花、マイピンクの採花。

 8月11日(月)販売、つまり8月8日前後の開花が雪ん子360の春植えのピークになり、1427箱と今季最大量となった。

■提案がディスプレイになった日→→→谷口正和氏 グリーンファームインテリア

  →→→ はかなさ市場

■8月になり、栃木県のナンバープレート(とちぎ、宇都宮)の自動車が村内各地の道路脇に駐車して「チタケ(乳茸)」というキノコを採っている。地元の人は夏キノコは採らない。カゴと手に長い鎌を持っているのでわかる。

■写真は今朝のアルタイル(6月24日定植、45日後開花、早生種)剛直・ふしくれ・折れやすい70cm。1箱に20本しか入らない。この時期の開花種は高温障害罹患のため団子花、つぼみや花の奇形、緑色の着色等が出てくるものが多いがアルタイルは純白八重。雪ん子系はこの時期から秋までにそうした高温障害が出ないものとして1996年以降日本国内の高冷地に導入されてきた。10年たち、品種転換の時期に来ている。

 アルタイルは早生種で当地では45日で開花する。通常品種は60日。その15日間の分だけ草丈が短くて咲く。しかし冬期は短時間で開花する特性が減・燃料の利点となっている。

080812aldsc06267

080812aldsc06281

080812aldsc06282

 

080812aldsc06316

080812aldsc06318

080812aldsc06323

080812aldsc06322

080812aldsc06320

080812alimg_0678

080812alimg_0687

8月23日(土)レンタルバケツ

■8月23日(土)にSCLレンタルバケツが入庫します。第1/1000個、第2/500個、第3/500個、第4/1000個。郡山運送。

■昭和村の夏 →→→ 雪の集荷所ブログ(本名敬)

2008年8月 9日 (土)

オーバータイム咲く

■6月3日にポットピンチ苗を定植したエクアドル・エスメラルダ社育種のかすみ草・オーバータイムが開花している。8月11日(月)中央花き店頭に並べる。70cm。菅家清さん試作分。

 この数年、エスメラルダ社はダブルタイムで欧州市場のシェアを拡大していて、大輪系のファンタイムを投入している。そして2006年にオーバータイムを発表し、日本で今年試作が行われている。同社オランダ支社の営業担当者が8月下旬(21日頃)来村される。

 またJFMAでは9月下旬にエクアドルのエスメラルダ社を訪問することになっている。同社はフィラーフラワーに特化した生産体系を持つ農場で育種もはじめている。米欧が出荷先。

  標高200m?→→→会津盆地の試作系統

■8月9日、標高730m、岩下圃場開花、オーバータイム。草丈80cm~70cm。6月3日定植、8月5日から開花はじめ9日朝5時、採花。

 純白大輪の八重咲き。立性で鋭角な枝付き。堅い。草丈確保がうまくいけば営利生産は可能。団子花、着色花は無い。つぼみもきれい。

 この時期の新品種は団子花、つぼみも緑色になり、白色ではない花が多い。

 花持ち性は、欧州基準(20度)で14日以上。日本(25度)では10日以上でニューホープ等に次ぐ良品。

080809ovdsc06153

080809ovdsc06151

080809ovdsc06165

080809ovdsc06183

080809ovdsc06186

080809ovdsc06178

 

2008年8月 5日 (火)

進む道を見つけた8月5日

20080805dsc05334 →→動画有り。

今日9時、岩下圃場にて講習会

■2008年8月5日(火)朝9時より10時、大岐の岩下圃場にて昭和花き研究会・定例会。アルタイル栽培技術講習会を開催します。現地集合、現地解散です。アルタイルは7月5日定植、27日低節位摘心。

 試作系かすみ草は7月15日定植。

 なお、8月4日18時30分に調査した、大岐隣集落の境の沢のとみ子さん圃場(標高730m)ではファンタイムが開花しています。5月15日プラグ苗ポット仮植、6月2日に定植時に摘心して定植、早めに屋根ビニル被覆、8月1日、草丈110cmで開花、採花中。使える作型です。なお、6月2日に定植し、22日に高節位摘心した作型は短茎で失敗しています。ファンタイムは晩生種のため伸びます。高温障害も出ていません。アルタイル系は早生系で夏作は60cmと短茎開花します。→→→ 中央花き(8月4日より中央花きで販売しています)

■8月4日の磯村社長のコラム →→→ 楽観主義は意思、悲観は気分

080804dsc05248

080804dsc05251

080804dsc05250

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。
無料ブログはココログ