« 2年後に鹿児島で:沖永良部島4 | トップページ | 沖永良部島6:決算 »

2009年5月31日 (日)

七回半:沖永良部島5

■沖永良部島和泊町の長浜館(地区公民館)で、鹿児島民俗学会の所崎平先生に昨夜の交流会の時に言われたこと。

 「カンケ君、僕から質問するけど、七回半とはどういう意味か?」

 「先生、わかりません」

 「たくさん、という意味だ」

 私は先生の名前が平(たいら)なので、聞いてみた。

 「先生、等しくたいらに人々を研究する、という意味ですか?」

 「70歳を超えてしまったが、教師をしていて教頭にも校長にもならなかった。ずっとヒラ(平)だった、、、、」

 移動する自動車のなかで、私の携帯電話のメール着信音が鳴った、、、、「ひぐらし(蝉)」の音か、、、、所崎先生は「うぐいす(鳥)」の鳴き声に設定している、という。

 所崎先生は背が高く、面長で、いつもとても穏やかで優しい表情を変えない。険しい表情は一度もみたことがない。今日、沖永良部空港の搭乗待合室で私たち会津からの参加者を見送ってくれた鹿児島民俗学会・えらぶ郷土研究会の皆さん。その時、所崎先生は語気を強めて言ったことがある。

 「ひとにぎりの人々(権力者)のことを調べるよりも、世の中にたくさんいる人々のことを調べるのだ、、、、」

 こうした研究会というのは、フィールドワークや、数日行動と寝食をともにする中で、人となり、立ち居振る舞いにこそ学ぶことが多い。出村先生、所崎先生、新納さん、、、、多くの人々との再会と親交、新しく出会った人々にまた学ぶ日々でした。

20090529lsdsc01361

« 2年後に鹿児島で:沖永良部島4 | トップページ | 沖永良部島6:決算 »

会津学」カテゴリの記事

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。
無料ブログはココログ