花の作業記録

2009年11月23日 (月)

ハウス解体終了へ

■11月23日、雪は消えています。今日は、晴れの午前中にパイプハウス解体作業。午後より小雨になる。

20091123dsc04011

20091123dsc04013

20091123dsc04014

20091123img_4765

20091123img_4766

20091123img_4776

20091123img_4803

20091123dsc04019

2009年10月12日 (月)

ハウス解体作業続く

■2009年10月12日(月)

 今日は寒かった。手と足、頬・耳が冷たくなりました。

 午前8時30分から11時まで岩下(上)圃場の8棟のパイプハウス解体。研修生のKさんと二人の作業のためとてもはかどりました。そのため大田(上)圃場のネット・支柱を取りはずし2棟のハウスを解体。

 午後1時30分より2時15分までで、大田(下)の3棟を解体。移動休憩し、境の沢の4棟を解体。道上縦1棟・休み場1棟・沢側下より1と3棟。陽光が雲で遮られると零下のような寒さ、山陰に入ると日光が当たらないため寒い。

 22ミリの鉄製パイプを抜く作業で、左手の親指と人差し指の間にできた水ぶくれ(水泡)が破裂しました。それと右手の手のひら。

■夕方、福島市中央卸の福島花きの橋本栄市さんから電話があり、病気静養中であった同社阿部社長が朝に亡くなられたという。土曜に通夜、日曜に葬儀、という予定であるとのことでした。ご冥福を祈ります。 

2009年9月22日 (火)

ジャガイモ収穫

■2009年9月22日(火曜日)

 前日と同じ作業(午前、採花・調整、午後・ハウス内残茎整理・解体)。

 →→→ 出荷明細 九月二十三日

■ 主役が替わろうとしている →→→ 大田花き・磯村信夫社長のコラム

■ 9月24日よりインパックは大田市場花き部北棟に移転 →→ インパック

■ →→→ 板橋市場の花仲卸

■9月21日午後は快晴。高畠での作業を17時まで。研修生Kさんと、実弟と作業。父母は大畑のジャガイモ掘り取り。

  パイプハウスは1間(いっけん・1.8m)単位で数え、2間半(にけんはん・4.5m)間口で長さ20間(36m)が標準。1畝(うね・1列)に35cm株間でかすみ草が100本植わっている。これが4畝(列)あり、400株。1株5本仕立で80cm2000本(40本入立て箱で50箱)を目標としている。

 

 角畑のいちばん端(東側)のハウス内のかすみ草のフラワーネットをはずし、ネット押さえ支柱を引き抜き、芽切りハサミでかすみ草株の残茎を切り取る。ほぼ植え穴の直径分の枝を残す。5~10cmに葉が詰まりロゼットしている緑枝(力枝)は降雪前までの葉から根に栄養分転流のために残す。

 9月20日は大畑1棟(かすみ草・オーバータイム)、角畑1棟(かすみ草)を解体している。21日は角畑の残った4棟と、川流畑の右手(三号、西側)ハウスを解体した。川流二棟は春の促成用として骨組みは残し冬期間は雪下ろしをする。

 パイプハウスは22ミリメートル鉄パイプが使用されているので、肩部の金具を外し、妻部を外し、曲がりのあるアーチ部を地面から引き抜き天井部から抜く。最後に天井部を外して畑の立て孔付近に置く。

 パイプハウスは冬期間、降雪により鉄製の骨組みだけでおいても一晩に1m降る重い雪で倒壊する。また春には2m積雪が溶けながら斜面に沿い氷河と同じように流れるため、仮にパイプが残ったとしてもハウスが雪の流下で傾く。そのため収穫が終わったパイプハウスは屋根ビニルを外し、骨組みも解体し畑に寝かせ冬を待つ。来年の5月連休後の雪融け後に再度、再建することを繰り返す。

■21日はマイタケご飯であった。敬老の日なのでテレビは高齢化率が昭和村が福島県一位になったことを報道していた。昭和村55.54% 金山町55.52% 三島町47.0%。いわゆる奥会津の隣接三町村がベスト3を独占。

■2009年の小野川地区(博士山等)はブナの実の成り年。数年おきに春に花が咲き実が付く。

 2008年の博士山の初雪は10月29日夜。

20090921dsc00594  

■高畠からは東側に博士山山体が見える。右手には奈良布集落、岩下、大田、川前の水田。左手には大岐集落。

 県道柳津昭和線が博士山西麓の等高線に沿って、奈良布と大岐地区の間にあるが、そこから北方を見ると志津倉山。その手前が場良山。大岐集落の後背山地の「ショウハチハヤシ」の尾根部のブナは黄色く色づき始めた。

20090921dsc00577

20090921dsc00576

20090921dsc00581

20090921dsc00588

20090921dsc00590

20090921dsc00586

20090921dsc00573

20090921dsc00572

20090921dsc00574

20090921dsc00591

村道大岐一号線の舗装はほぼ終了した。

2009年9月20日 (日)

はうすぶっくし

■2009年9月20日(日曜日)

 午後、高畠(たかばたけ)の大畑の残茎整理、、、ハウス解体の第1号。角畑の上より1棟目のハウス解体2。

■ かすみ草が無い →→→ 札幌市 薄木さん

■夕方、先日に続いて、会津若松市内の量販店の彼岸の花売り場の観察。昭和花き研究会の染め色かすみ草は新しい丸いPOPが付けられていました。

20090920dsc00554

20090920dsc00543

20090920dsc00553

20090920dsc00555

20090920dsc00550

20090920dsc00559

20090920dsc00561

2009年9月19日 (土)

研修2日目

■2009年9月19日(土曜日)晴れ。

 昨日・18日の午後より、かすみ草栽培研修でKさんが我が家で農作業を行っている。

 18日(金)午後1~5時。大田(上)圃場の左側(南)ハウスの後片付け(品種オーバータイムの残茎整理、フラワーネットと支柱除去)。

 19日(土)午前8時30分~12時。作業小屋内でかすみ草出荷調整作業。品種は試作種のFG450を2コモ。午後1時~2時、継続でかすみ草ポラリス1包み葉取り結束調整作業。午後2時~5時、大田(下)圃場の山側から2棟目のハウスの残茎整理作業(品種は左畝(うね)よりダブルタイム・カネコ試作種・ニューホープ)。

 明日から23日(水曜日)まで、我が家で作業を行う。大田や高畠の残茎整理、ハウス解体まで行う予定。

■かすみ草分荷作業は昼に実施。夕方取引先市場宛産地情報をファクスしました。昨日金曜日は80cmが350円(福岡)、平均220円くらいになっていました。

FFCのコテージガーデンより7月のかすみ草フェアの終了お手紙が届きました。8月にいただいた分の追加のものです。ありがとうございました。

■山に囲まれた村は、秋は話題が豊富だ。→→→集荷所ブログ

 →→→ 中央花き 彼岸セール盛況

20090921hako

20090919img_3212

20090919img_3223

2009年8月16日 (日)

息をつく暇もない盆

■2009年8月16日(日曜日)晴れ。日中30度と暑い。

 午前4時30分から大岐の一次集荷所(デポ)の数量・注文数等チェック。

 午前5時より圃場・大田5棟の採花を8時30分まで。軽トラック2台分。父上は高畠(角畑・大畑)の採花を軽トラック1台分。STS前処理漬け水揚げ状態で保冷庫に格納し、それを出しながら葉取り調整作業。今日は染めず、明日朝採花分を注文分のみ染める。

 オーバータイム、ニューホープ、ダブルタイム等である。

 父母と末弟と私の4人で母屋北側の小屋で、今日は70箱分調整結束した(80cmのみ採花。我が家では、8月上旬の盆前に出るべきかすみ草が今、この晴天で一斉に開花している。

 本名敬副会長からのメールでは、村内生産部会は盆前に開花すべき遅れていたかすみ草が開花し増え1500箱、当会は490箱。

■明日、17日も未明から梱包作業をして保冷庫に入れ、周囲が明るくなれば(午前4時50分くらい)採花作業。この数日が我が家では最盛期になる。

■盆明けかすみ草の花持ち試験の採花を8月15日午後5時45分に行い、STS処理、16日のヤマト便でクリザール東京事務所宛送付し、明日17日より花持ち試験(25度)。6品種。

 これまで6月上旬開花4品種(染めも)、下旬3品種のかすみ草の花持ち試験を実施している。そのデータは取引先卸市場とJFMA鮮度プロジェクト、花持ち保証販売を行っている小売店に提供している。

 9月7日(月)は、つくば市の花き研究所の市村一雄先生からの依頼で、生産地における花持ち延長対策について私が講演することになっている(全国の都道府県の農業改良普及員の花担当者向けの講習会)。つくば市の農水省関連機関でのこうした講演はこれまで2度経験がある。こうした講習会で各県の主要な花の仕事を進める普及員と知己を得るというのは、たいへん私の人脈としても重要になっている。これまで宮崎県、岩手県、宮城県、福島県、、、、など有能な花の普及員に出会っている。

■生産農家は作物(かすみ草)の生育に対応して仕事をする。今年の盆は、こうして終わる。末弟が庭に父上が作った盆釜で送り火を焚いている。18時45分にはあたりは暗くなっている。

20090815dsc09149

20090815dsc09163

20090815dsc09156

20090816dsc09165

20090816dsc09167

20090816dsc09181

20090816dsc09177

■5月29日プラグ苗導入→ポット仮植→6月17日定植、フォレスト開花(採花8月16日)。草丈120cm。

 ジョニー 110cm

 アルタイル 90cm

 オーバータイム80cm(剛直ボリューム大、一箱に25本しか入らない)

20090815fodsc09155

20090815fodsc09157

2009年8月15日 (土)

採花へ

■2009年8月15日(土曜日)

 気温13度と寒いので長袖上着を着る。昨日から冷風が吹いている。

 今朝は午前2時に起床し、明日、出庫するための梱包作業を4時まで行う。まだ暗いので、明るくなるのを今待っている。4時30分には軽トラックで大岐集落上流の大田圃場のかすみ草を採花する。

 今日から、盆明け販売・17日販売分の染め受注分を採花・染色する。

 午前10時から分荷作業(パソコン状)し、昼に各取引先卸にファクス送付する。

■8月19日はJELFA主催の花持ち試験を考えるセミナー(東京)。

■8月20日夜は会津若松市内にて会津MPS連絡会(参加者は現在申込9名 CHI,TE2,YU2,KA,TO)。今日の夜まで参加申込受け付けます(あと2名で定員です)。ゲストはスミカ西川さん、永島さん。

■福島県河沼郡柳津町にて撮影した現役の耕耘機(こううんき、荷台付き移動用)。エンジンを手入れしながら大切にまだまだ活躍している。カゴ、ロープ、ナタなど道具を背もたれに掛ける。ビニルシートで雨から守る(豊年号)。

20090814dsc08959

20090814dsc08960

2009年8月13日 (木)

採花はじまる

■2009年8月13日(木曜日)曇り

 午前5時より輸送前の数量確認と、伝票補正。

 午前5時30分から午前7時40分まで、大岐の上流の水田転作畑の大田のかすみ草の採花作業。大田上1棟、大田下4棟の計・5棟。

 プラグ苗を購入し自家で仮植し、ポットピンチ苗を作り定植したものが一斉に開花しだした。以下の品種が同時に開花している。

 6月14日定植アルタイル→8月13日開花。草丈110cm。素性良く枝伸びる。60日。

 6月7日、8日定植ニューホープ開花。

 6月8日プラグ苗定植カネコ試作種2種開花

 6月13日定植 ジョニー開花(10日)。

 6月14日定植 ダブルタイム開花はじめ。オーバータイム開花。

■6月17日定植フォレストは発蕾中。

------

■高畠(大畑・角畑) 6/13定植アルタイルLG開花はじめ、6/13定植オーバータイム開花へ。

20090813otaldsc08822

20090813otaldsc08822_2

20090813dsc08824

20090813dsc08790

 

 

2009年8月 8日 (土)

背に雨、額は汗

■蒸し暑い日が続いている。そして雨が降っている。カッパを着て作業はできないので、Tシャツ1枚、下を向いてネットに花茎を入れる(誘引)作業では、額から汗が地面に落ちる。そのかがみ込んだ背中に雨が降る、、、背中は雨で濡れ、シャツのおなかの側は汗。すぐシャツが重くなる、、、、

 今日は境の沢圃場の3棟にフラワーネットを張った。2棟は伸びたかすみ草に上からネットを下げていく、という作業。60cmくらい高さから、20cmまでの高さ(地上高)に3度ほど下げていく。境の沢があと2棟、岩下の下圃場が3棟で、ネット張りも終了する。

 台風8号は台湾に行き、南方海上に熱帯低気圧があり北上してくる。通過懸念材料、、、、、

■かすみ草が無い、、、、→→→高尾嶺農園通信(会津盆地)

 20090808dsc08186

2009年8月 2日 (日)

フラワーネット張り

■2009年8月2日(日曜日)小雨、蒸し暑い。

 今日は朝から12時20分まで、大岐集落の上流500mほどにある岩下(上)圃場の2棟のかすみ草のハウス(露地)に、樹脂製の15cm3目のフラワーネットを張った。18ミリ直径で1mほどの長さの鉄製支柱で支持する。ハンマーを使う仕事。

 ずっと雨続きで、露地(ハウス)で通路の土は泥水になっており、長靴を履いての夏の作業は足が蒸れていちばんつらい作業だ。今日も小雨が時折ふるがTシャツ1枚で作業を行った。伸びた茎幹に上からネットを張り下げる、というのは時間がかかる。通常は定植直後にネットを張っておけばよいのだが、それをしている時間が無く、いま遅れての作業で10倍以上もの時間がかかっている。適期に行うことがいちばん作業効率が良い、ことをいつも思う。

 花が咲いても、採花できなかったハウス4棟をガソリン(混合油)エンジン付きの草刈り機で地上部をなぎ倒した。これで10棟、ハウス内の花を刈り倒した。咲いたままにしておくと、うどんこ病の発生源となるため、である。

 採る花はほとんど無いため、露地(ハウス)の圃場のネット張り、株もとの草取り、除草が仕事。午後は大田上圃場のネット張り。岩下は上2棟、下5棟ネットを張る(明日も)。境の沢圃場のネットもまったく張っていないので、続けて盆前に張る。父上は、高畠の角畑のハウスに屋根ビニルを張っている。雨が続いて、斑点細菌病が葉に出ているため開花するわけではないが、雷雨も多く、たぶん降雹もあるだろうからとこの数日、毎日ハウス屋根にビニルをかける(張る)生産者が多い。毎日雷雨は10日以上続き、日ごとに降水量、沢からの増水量が多くなっている。水をしみこめなくなった山塊は、最後に災害(洪水)で終わることが多い。8月11日頃に洪水になる、ということが昭和44年にあった。それに近い状況になっている。

■岩下圃場では、さらに上流の黄金沢(おごんざわ)の出口付近で、ずっとホトトギス。大岐では2週間、トビの警戒音が多い。この夏、集落内の上流部の道路工事が行われている。

20090802dsc07602

20090802dsc07592

20090802dsc07619

20090802dsc07621

20090802dsc07611

■写真は、大田上圃場の、我が家では春植えではいちばん早い開花予定のスミカのジョニー(かすみ草)。盆にちょうど開花でしょう。照子姉が今日、屋根ビニルをかけたかすみ草はカネコ種苗のトクヒロ(かすみ草の品種名)で、まもなく開花する。

20090802dsc07626

20090802dsc07625

20090802dsc07635

 

June 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。
無料ブログはココログ