September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 調査のまとめ(小川孔輔先生) | トップページ | 木地師支配制度の研究 »

2010年1月31日 (日曜日)

木地小屋 下平(シタタヒラ)

■2010年1月31日(日曜日)

■ いまから二百年ほど前、1809年(文化六年)に会津藩が編さんした全百二十巻の地誌『新編会津風土記』は、その当時のすべてのことが書かれているわけではないが、集落の大要はわかる。現存していない集落についても、その記載からわかることが多い。

 『新編会津風土記 巻之八十一』は陸奥国大沼郡之十 大谷(おおたに)組について記載している。会津若松市の出版社・歴史春秋社が2002年(平成十四年)に復刻した『新編会津風土記』第四巻では、百七ページからが大谷組となっている。この大谷組は現在の福島県大沼郡三島町の役場のある宮下を含む、大谷川流域で大谷集落が中心であった。そして東隣の河沼郡柳津町の西山地区の一部である。大谷川流域と、滝谷川(当時は中川)流域の中下流域である。滝谷川の上流域は、当時は野尻組小野川(現在は昭和村小野川)で、端村の大岐(おおまた)と、大谷組琵琶首村の木地小屋下平が境界となっていた。

 『新編会津風土記』の大谷組は「畳山乱峙チ中ニ二条ノ谷アリ、東ノ谷ヲ中川流レ、西ノ谷ヲ大谷川流ル、人家多クハ其両岸ニ住シ、土地薄ク田畠少シ、常ニ麻ヲ植ヘ蚕ヲ飼テ生計ノ資トス、此組ノ諸村皆金山郷ト称ス、凡テ十六箇村アリ」

 大谷組十六箇村(筆者が家数を付した)

 大谷(オホタニ)村  家数三十軒
   小名 中居(ナカヰ) 十五軒
   端村 鳥海(トリノウミ) 十八軒

 河井(カワヰ)村 二十七軒

 大登(オホノホリ)村 三十一軒

 宮下(ミヤノシタ)村 四十四軒

 桑原(クワノハラ)村 二十二軒

 浅岐(アサマタ)村 二十六軒

 間方(マカタ)村 二十二軒
  端村 入間方(イリマカタ) 四軒

 小野河原(ヲノガハラ)村 八軒

 砂子原(スナコハラ)村 二十四軒
  小名 上湯(カミノユ) 一軒

 五畳敷(コデウジキ)村 十七軒
  小名 下湯(シモノユ) 二軒
      荒湯(アラユ) 二軒

 黒沢(クロサハ)村 三十一軒

 冑中(カブチュウ)村 二十三軒

 芋小屋(イモノコヤ)村 十一軒

 大成沢(オホナリサハ)村 十八軒

 漆峠(ウルシタウゲ)村 八軒

 琵琶首(ビハノクビ)村 二十軒
  木地小屋 下平(シタタヒラ) 五軒

■琵琶首村を流れる中川は「上流を六沢川ト云、小野川村ノ境内ヨリ来リ、村西ヲスキ北に流ルルコト一里十六町、大成沢ノ界ニ入ル」。

 木地小屋 下平(シモタヒラ)は、「本村(琵琶首村)ノ南十八町ニアリ、家数五軒、東西二十六間・南北三十八間、山中ニ住シ、西ハ中川ニ傍フ」

 下の写真は現在の下平集落のあった場所の写真であり、現在は家は無い。この下平集落跡の隣のパイプハウスの鉄骨群は水田転作で地元の人びとがかすみ草を栽培している。私が、かすみ草を栽培しながら、暮らす大岐(おおまた)集落の北方約二千五百メートルのところである。下流域にあたる。「シタデエラ」と呼ぶ。

 下平集落は、昭和30年代に最後の1軒に住む人が居なくなり、数百年の歴史を閉じた。昭和40年代まで奥会津の山間地にあった木地小屋とよばれる、会津塗り(漆器)の原料を生産した木地挽き(木地屋)集落は次々と姿を消していく。

Kizigoya_sitataira 

20100129dsc09355  

« 調査のまとめ(小川孔輔先生) | トップページ | 木地師支配制度の研究 »

会津学」カテゴリの記事