September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 雪やむ | トップページ | 消費低迷の実相 »

2010年1月18日 (月曜日)

地力と知力

■現代が、地産地消の時代になる、ということは、回帰する、あるいはかつてあったものを再生する、ということにつながる運動と思われる。

 つまりそれは、地域の総合的な知力が試される時代になった、ということであろう。

 現象として目に見えるのは、農山村では、耕作放棄地(水田・畑・林)、つまり荒れる人工管理地のことであり、野に還っていくものをいかに止めるのか?という議論になっていく。

 また市街地では、小さな商店が店を閉め、そのシャッターが開くことがない時代が続いた後に、核となっていた総合小売店舗デパートが閉店し建物も撤去されていく、、、、市街地は更地、駐車場だけが増えていく、という現象である。

 地域の商業力の低下がはじまると、全国展開してきた大きな商業力(量販店)も衰退してきている。誰も勝者がいない時代に入ってきていることが、庶民のなかでは日常感覚になってきている。

 それは、はたらく場の衰退、縮小になって、また見えるようになっている。

 縮む時代、、、、かつて越後の小千谷縮の原料の青麻(あおそ、カラムシの繊維)は奥会津の野尻郷(現在の昭和村)産であった時代が長かった。

 1月16日に福島県立博物館でのトークイベントで館長の赤坂憲雄さんは「博物館はこれまでカワキモノ(乾き物)を扱ってきた。それは過去に製作されたものを扱っていればよかった。しかしこのままいけば、ナマモノ(生物)である現在の伝統工芸・伝統産業・伝統野菜・伝統繊維、、、、いま、ここにある大切な生きているナマの生活文化が衰退して消滅してしまう。そのことを地域の博物館は、ただ見ているだけでよいのだろうか?」という主旨の言葉を、会場へ投げかけている。

 農産物、花を雪国の畑で、生産している私たちは、その土地の地力や環境の持つ力に支えられて仕事を続けてきた。しかし、その存亡の縁に立っていることは誰もが感じていることである。農産物の生産をしていると、その自らの生産物の有り様を見直すなかでいつもこの農産物の未来がどのようになっているのかが、知りたくなる。消費者(生活者)は多様化していない。逆に単純化、つまりシンプルなものに回帰している。しかし店頭は選択できない商品群をたくさん投入して、買いにくい店頭を作ってしまっている。モノを売ることとは?商売とは?小売店の役割とは?そこに想いを寄せる生産者が増えてきている。

 農民(生産者)の知力とは? 商業者(あきんど、小売店)の知力とは?そして生活者(消費者)の知力が再編されている。

■<かすみ草のくに・奥会津>知力と地力を活かした地域の活性化。第1回「Forest - styleの仕事」。第2回「奥会津の地力」、第3回「奥会津と野の力」。シンポジウム かすみ草の力~産地の現状とこれから~。「エスノボタニーと地域活性化」「産地の現状とトライアル」「産地の現状とこれから」

20100117dsc08226

 

« 雪やむ | トップページ | 消費低迷の実相 »

花と農業」カテゴリの記事