September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 新しい公共 | トップページ | 曇り »

2010年1月30日 (土曜日)

切り花の品質管理を見直す

■切り花の品質管理を毎年、時期により細かく見直す。その指標として「花もち試験(ベイズライフ・テスト)」が有効となる。テストは手段です。プロダクトアウトする業態として、この手段で何を実現するかをいつも問う。

 品種の選定、出荷時期、栽培方法。

 採花時間帯、切り前、採花後の切り口の乾燥防止(採花後前処理)。

 水管理のための水揚げ容器の洗浄・乾燥とハサミのクリーニング。

 前処理と、花の管理温度帯。

 出荷容器と抗菌剤、花(出荷物)の呼吸量を抑制するためのコールドチェーン。輸送手法と温度帯。卸での荷受・保管。加工・店頭管理。店頭販売期間。家庭での花瓶水の塩素殺菌水道水とフラワーフード(品質保持剤)。

 それらが、総合して「花もち」(ベイズ・ライフ)に集約される。

■できるだけ簡素にして、品質管理の目的を明確にして作業を見直す。言葉で伝えることのできる仕組みを構築する。栽培方法、採花方法は作型により常に合理的かを見直す(トレードオフ)。かすみ草は前処理(エチレン防止)と、呼吸量を抑える管理、家庭でのフラワーフード使用(抗菌・糖の補給)で、大きな品質向上が可能になった。使用業態により切り前・サイズの変化を行う。

 農業経営としては、投入したコスト・労力を、採花ロス率を無くするようにして収穫し、採花後管理を適正に行うことで、品質保持(適正切り前・花もち)を行います。これらを「格付け」するのが「卸による品質検査」です。「品質検査室」を持たない卸は、どのような意味で生産・買参の間にたって品質のチェックをするのでしょうか?生協など大手小売販売店は、残留農薬検査機器を有し、適正な検査を行い、購買者にたいする販売者責任を明確にし対応しています。卸に受託拒否禁止の原則が残ったのは、チェック機能を有していないことを意味します。

 求められないから対応しない、という時代は終わりました。商品のライフサイクルを見つめた社会的責務として新しい公共像が卸にも、小売業にも、生産者にも求められています。

« 新しい公共 | トップページ | 曇り »

かすみ草2010年」カテゴリの記事