September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 木地小屋 下平(シタタヒラ) | トップページ | やこぼし(家の解体)、改築(1981年) »

2010年1月31日 (日曜日)

木地師支配制度の研究

■2009年12月中旬の沖縄県那覇市。暮らしを支える植物の調査行のなかで、那覇市内の書店にあった白い厚い960ページの1冊の本を、同市の新垣氏は、私にと贈ってくれた。その本は、1972年(昭和47年)に刊行され、2008年に復刻された。故・杉本氏は京都大学(経済学)。

 杉本壽『木地師支配制度の研究』(ミネルヴァ書房)である。

 帰宅後、毎日、この著作・氏子駆帳を読んでいる。近江(滋賀県)の山中・小椋谷にあるふたつの集落に木製容器等をろくろで製作する根源地がある。そこの2つの団体が江戸時代から明治まで、国内の山中の木地屋をたずね初穂料を集めた記録である。小屋名、氏名、金額、訪問日が記載されている。その蛭谷側の記録が杉本本であり、君ヶ畑の氏子狩の記録は橋本鉄男氏が調査を極めているのでそれは別に紹介する。これら帳簿に記載されていない木地小屋も数多く存在する。

 福島県内(白河)の木地屋の記載は、寛保三年(一七四三年)からある。

 現在の奥会津地域等では、

 延享三年(一七四六年)から有り、針生(十軒)、畑小屋(五軒)、赤倉(十四軒)、玉川木地(一軒)、野尻組幡東小野河見沢木地屋(三十三軒)、河谷(七軒)、弥平四郎、藤巻、松波、五枚沢、黒岩など。

 寛延二年(一七四九年)野尻組幡東野河六沢(二軒~十軒)。

 文政十年(一八二七年)、滝ノ原、木賊(とくさ)山など。

 嘉永二年(一八四九年)、蕪中大石(二軒)、大成沢(六軒)、野尻組小野川木地(七軒)、喰丸山木賊平(九軒)、布沢(八軒)、畑小屋(四軒)、針生山、保城、立岩郷、水引山、河衣山、志戸山、八総村山手取木地師、岩下山、定倉、関本山、戸石郷原村、日影村、戸石村、名倉沢、野添、枝松など。

 安政四年(一八五七年)、闇川山、枝松山、南倉沢山、野際村、日影山、滝之原、岩下山、水引山、森戸保城、大芦山畑小屋、黒沢山、大芦山金石川、喰丸山木賊平、小野川山見沢木地、小中津川山柳沢木地、布沢山、綱木、間方山大沢、冑中山木地師、大滝山、結能、藤巻小屋木地師、川入、黒岩、五枚沢など。

 明治二十六年(一八九三)寄進帳では、江川村高島、奥田、南倉沢、野際新田、音金、栗生沢、糸沢萩ノ原、新駅、滝之原山中山、保城、針生村山、入小屋木地、大芦(二軒)、畑小屋(一軒)、柳沢(三軒)、布沢(七軒)、間方村(二軒)、両原(四軒)、大形平、木地小屋、新開、桑沢(六軒)、小野川村見沢木地師(五軒)、松倉、久々明(三軒)、琵琶首下平木地師(明治二十六年旧四月二十九日、二軒)、四ッ谷魚留(三軒)、沼ノ原、黒岩、五枚沢など。

■私の生まれ暮らす大岐(オオマタ)集落の北には琵琶首下平木地、南には岩下木地、見沢木地。南東の博士山中にはハタヤマ(畑山)木地、西には柳沢木地。南西には木賊平・両原・赤倉。大芦は畑小屋、金石川、玉川など。北西には間方。東には桑沢、松倉。北東には大成沢、魚留、冑中、久々明など。

  一里(四km)ごとにある自然村(中世以前に成立した村落)集落間や源流部に木地挽を生業とする人びとが家を建て拠点村を構え、さらに山中に出小屋を営んでいた。木地の運搬は自然村の人びとの背により、峠を越えた。「荒型背負(あらがた・しょい)」という農閑期の賃稼ぎであり、我が家の亡くなった祖母らの時代(第二次大戦の敗戦前)では、日常の仕事であった。

 江戸時代から昭和40年代まで数百年続いたこれらの集落跡には墓石や神社跡が残っているが、その多くは、すでに草が覆い、森に戻っている。ご飯を食べる器としての丸い木製のお椀(漆器)、味噌汁をよそおう汁椀、こづゆをよそおうヒラ。すべて、手引きで、ろくろ(轆轤)をまわし円形に加工した木製容器は、奥会津の山々に取り憑いた人びとが手により産みだした。また山の漆の樹皮に刻みをいれ樹液を集め、木製容器に樹液・漆(うるし)を塗り、木のいのちを長持ちするように工夫した。縄文時代から続く技術が生きている。また、漆の実はしぼって蝋燭(ろうそく)に仕立てた。暮らしや先祖を供養する灯であるろうそくも、その灯りも樹の実が産んだ。山中に植えられた漆の木は会津藩が1本1本把握し樹液の権益を独占していた。

 いまは、農を主体として営まれた集落・自然村が森への道を歩んでいる。30年前に木地屋集落が数百年の役目を終えて森に戻ったように。それは街の中心部も空疎になることと連動して進む。

 人間のいとなむ社会は、非効率なつながりが、その地域と離れた地域を結び、互恵の関係から成立してきたもので、偏利は社会崩壊への近道でしかない。「新しい公共」とは、「かつてあった世間」のもつ深淵な意味を掘り起こすことからはじまる。それは、私たちの暮らす、かつての山野はその時代の人びとをどれだけ大切にしてくれたかを知ることになる。

 それはあしもとの雪に埋もれた土地や、草や森に戻ったところにあるが、目をこらして、自ら見ようとしなければ決して見えることはない。人びとがこれまでの浪費に気づき、節約しながら、ていねいに暮らしをいとなむ時代が来ている。そこで役立つ新しい仕事、新しい農業のあり方、花の生産とは何かを考える旅がまだ続く。

■1月31日夜、NHKテレビのドキュメンタリー番組は「無縁社会」の都市部での孤独死を取り上げている。冒頭は東京湾で毎日行われている、浮かぶ自殺死体の回収作業から番組がはじまっている。現代の日本国では、年に三万人を越える無縁死体(老人など自然死を含む)、また自殺者も三万人を超している。これに交通事故死が加わる。→ 有縁社会

  人類は、ほぼこれまでの長い時間、どのように冬を乗り越えるか?という「食べ物の確保」のために努力をして暮らしてきた。現代は、食べ過ぎ、飽食によりいのちを縮めている。地球上には飢えで亡くなる人がおり、食べ過ぎ生活習慣により亡くなる人がいる。

 食べないこと、やせることが世の中のトレンドになっている時代、右肩上がりの経済観念に支配されたままの状態が続いている。

■南会津郡檜枝岐村の85歳の平野惣吉さん(故人)は

「やっと暮らしてきただあ。飯、明日食べるにも何もねえなんていうようなこと、餓死年なんかにはあっただ。子供に食わせねえわけになんねえから、オラ、バーチャンと二人で、自分たち食わねえでいること、なにほどあったかしれねえ」(55ページ)

「来年の秋までの食糧買ったりして、ここに積んどくだ。来年の秋まではなんにもしねえでも、ただ食って行かれるだ。来年の秋までは死なねえから、オレも」(志村俊司編『山人の賦Ⅰ』白日社、昭和59年刊。60ページ)

20100131dsc09455 

 

 

« 木地小屋 下平(シタタヒラ) | トップページ | やこぼし(家の解体)、改築(1981年) »

会津学」カテゴリの記事