September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 熊本の食堂の醤油 | トップページ | 熊本県上天草市 »

2010年1月26日 (火曜日)

福岡花市場にて

■2010年1月26日(火曜日)今日は、熊本県天草地域(大矢野町)へ。かすみ草生産農家を訪問。

■1月25日(月曜日)雨。朝、福岡県福岡市東区松田にある福岡県花卉農協(福岡花市場)へ。午前七時よりセリ開始。場内を見学した。

 オランダ国にある世界最大の市場・フローラホランドと同じように、花の生産農家が設立し経営している農協経営の卸売市場が福岡花市場である。北九州市に支店を持つ。日本国内では唯一、広大な荷さばき場を含め全館空調(冷房)が早くから行われ、現在は集出荷でも九州地域の拠点市場となっている。夏秋期にかすみ草を生産出荷する私たち昭和花き研究会の取引先でもある。

 戦後、日本の花栽培や野菜流通(サラダ)の中心となった愛知県、その名古屋市の花卉園芸新聞社が発行している「花卉園芸新聞」には、福岡花市場の定席があり、船越さんが執筆している。

 ちょうど先週の木曜日に隣県である熊本県菊池地域の菊池農協の花の生産部会の女性部が来場し、販促を行ったそうで、かすみ草やトルコギキョウ、ラナンキュラス等が展示してあった。

 仲卸は場内に七社(フレネット日比谷、花き流通センター、花幸、三原生花、金子生花、花茂、菊匠)があり、取引先社には挨拶をして状況をうかがった。

 セリ終了後、市場の船越さん、笠(りゅう)さん、小川健太郎さんと本年のかすみ草のことについて意見交換をした。小川さんの運転する白いワゴン車に乗せてもらい、熊本県菊池地域に向かう。途中、顧客でもある花販売会社を訪問、さらに二名が同乗した。

 福岡から、昼食を高速道のパーキングでとったが、それを含めて二時間ほどで阿蘇山の麓の熊本県菊池地域の目的地に到着した。

 JA菊池(農協)の園芸指導員の和田昭範さん、四名の生産者の皆さん、農場の管理をされている人たちと、圃場を視察し懇談した。

 かすみ草の試作圃場で、参加者の株式会社美咲 仕入課の浦部秀一さん、木場新也さんから、今後の花の事業(かすみ草)を進めるうえで、いくつか重要な示唆をいただいた。小川さんとはここで別れ、十七時解散。明日はトルコギキョウの会議が菊池地域であるということであった。

■豊肥本線肥後大津駅からは少し離れた大津町室のホテルビスタ熊本空港、という新しいビジネスホテルにチェックイン(宿泊)。一泊四千円台。夕食は宿近くの食堂で、住化農業資材(株)の西川晶さん、永島さんとご一緒した。一月八日の大雪の昭和村での例会に参加いただいた感謝を申し上げた。二月にはかすみ草の聖地に渡航され不在となる、ということで、かすみ草産業の日本での現状の課題の確認と、今後のあり方について意見交換をした。西川さんは、次の段階での、かすみ草を要求する日本のマーケット像について語られた。花を仕事(業務)で使う現場が、花をどのように扱う変化が起きているのかが、わかってきており、これまで催事現場を飾るだけでよかった業務の現場で使用された切り花が、家庭に入っていく事例がふえており、求められる花の機能・品質明細がかなり変化していることが明確になっている。花を遠目に見る必要が求められている。これまで規範としてきた欧州モデルの事例とは異なる。パリをモデルとした小売店のトレンドの有りようと、日本文化のなかでの仕事花のあり方が明確に分かれている。求められる機能(品質)は、トレードオフしなければならない。

Fukuoka20100125tenzi

Fukuoka20100125dsc08822

20100125dsc08712

20100125dsc08710

20100125dsc08717

20100125dsc08814

20100125dsc08693

20100125dsc08691

20100125dsc08702

20100125dsc08684

20100125dsc08771

20100125dsc08830

« 熊本の食堂の醤油 | トップページ | 熊本県上天草市 »

花と農業」カテゴリの記事