September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« かんじき作る日々 | トップページ | 愛知県でのかすみ草フェア »

2010年1月11日 (月曜日)

食中毒

■1月8日の朝日新聞によると、福島県北塩原村(通称裏磐梯)のフレーザーホテルに12月27日~1月4日に宿泊滞在した90人の客が吐き気や下痢を訴えた健康被害(うち33人通院)は、福島県食品衛生課は7日に、9人の検便からノロウイルスが検出された。

■農産物(野菜)GAPの導入目的は、「他産地より付加価値の高い農産物を作ることではない。一度問題が起きると億単位の損害が出かねない。危険回避に必要だ」と長野県のJA長野八ヶ岳・農業部次長の三石博之さん。

 GAP導入により、収穫後の野菜の洗浄では(塩素殺菌された)水道水を使い、井戸水を使う場合は水質検査を受けるなど食品製造者としての意識改革が必要。JAは集荷施設でGAPを導入することを検討している。「生産現場の取り組みが的確でも、集出荷現場で異物が混入すれば意味がない。生産から流通まで、確実に危険を回避させたい」(日本農業新聞2009年12月3日)

■以下、日本農業新聞のGAP関連記事。

2009年12月4日、14面「実践のステップ2 GAP導入で生き残れ、問題点を考え是正」 実践している農業管理に問題がないことを証明することが求められている。はじめに何が問題なのかを生産者自身が確認し、なぜ問題なのかを知り、GAP規範と比較する。どうすればよいかが最も大切。その際、是正すべき点が「農薬保管庫がない」という単純なことなら、すぐに修正できる。しかし「殺虫剤・殺菌剤の使い過ぎで土壌の生態系を破壊し、その補正のために投入した大量の牛ふん堆肥の窒素成分の量を考慮しないで化学肥料を施用した結果、硝酸体窒素による河川や地下水の汚染を引き起こしている」と指摘された場合、是正は簡単ではない。

12月18日、16面「実践のステップ4 GAP導入で生き残れ もう一度リスク評価」  GAP(適正農業管理)で生産手段の安全は正しくとも過去に使用した化学物質や重金属が土壌中に残っている、という問題がある。有機塩素系農薬で1975年に失効したディルドリンが30年以上経過しても、キュウリなどから検出される事例がたびたび報告されている。814ヶ所の土壌を分析した東京都の調査では、約1割の土壌からディルドリンの残留が確認されている。全国各地に鉛、銅、亜鉛の鉱山や鉱床が数多くある。カドミウムは鉱山や精錬所などから環境中へ排出されたものや、いろいろな要因で河川の底に蓄積されたものなどが、長年の間に水田土壌に蓄積してきた。日本の米のカドミウムの基準値は食品衛生法に基づく食品規格基準で、玄米に1.0PPM未満と定められている。しかし世界的には0.4PPMが上限で、厚生労働省は10月に現行の1.0PPM未満から、0.4PPM以下とする改正案を取りまとめた。私たちが長年、耕作してきた畑も田んぼも水も、食品の生産手段として問題がないかどうかが問われている。(GAP普及推進センター代表・田上隆一)

12月4日、5面、ポジティブリスト制度 農畜産物の安全確保 対策のコストが課題。

12月18日、5面、HACCP 食品の安全性を確保 導入推進 優遇策も。危害分析重要管理点(ハサップ)

12月1日、14面、トマト黄化葉巻病総合防除マニュアル 野茶研 物理防除徹底を でんぷん液剤注目 気門ふさぎ殺虫効果 ネット被覆は必ず UVカットフィルム有効 バイオタイプB、Q

■2010年1月9日 日経 社説「未来への責任5」として労働市場を育て雇用不安の根を絶て、として、「同一労働、同一賃金」の考え方(正規社員と非正規社員)について書いている。将来少子化で外国人労働者の活用が必要になるとしている。

« かんじき作る日々 | トップページ | 愛知県でのかすみ草フェア »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事