September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 限界期の入口 | トップページ | 雪やむ »

2010年1月16日 (土曜日)

エフスタイルの仕事

■1月16日(土曜日)午後1時30分から、会津若松市内の福島県立博物館で「うるしのくに・会津」プロジェクト、トークイベント「知力と地力を活かした地域の活性化」第1回「F - styleの仕事」が開催された。新潟市で2001年にデザイン会社エフスタイルを2名で設立。その星野若菜さん、五十嵐恵美さんが仕事を語った。聞き手は、福島県立博物館長の赤坂憲雄さん、学芸員の小林めぐみさん。

 昨年(2009年)から、「漆のくに・会津」プロジェクトがはじまった。11月15日にワークショップイベント私の漆を育てよう。11月21日にシンポジウム 漆のチカラ 産地の現状とこれから、、、が行われている。平成21年度文化庁美術館・博物館活動基盤整備支援事業。

 → エフスタイル(新潟市)

 → 本・エフスタイルの仕事

■エフスタイルの2人は、昨年6月に、昭和村(からむし織り)でも講演している。その縁もあり、3名の昭和村からの参加者もあり、赤坂さんが会の終盤で会場の3名にも意見を求めた。また2名の漆器関係者にも感想を求めた。手仕事・伝統文化を仕事とする人たちに、このエフスタイルの人たちの取り組みはとても勇気づけられたと思う。それは農産物を作る私たち生産者にとっても同じことで課題を持っているからだ。商品と関係性。かけた時間の長さをどのように伝えるべきか、、、、、売り方を時代に合わせる(基本に戻る)。

 会場の参加者の1名の女性は、「作り手がそこまで、商品ができる背景やこだわりを語らなければならないのだろうか?10年間携わっても、そのところに迷いがある。良いものは何も説明しなくとも良いはずだから、、、、」と発言した。

 赤坂さんは、その意見は否定せずに、「でも、良いものがわかる人たちが多数暮らしていたかつての社会と、現代は違うのではないか?その断層を埋めるためにも、モノが作られる背景や作る人たちの考え方を伝えていくことが必要な時代になっていると思う」として、「良いものを感じ取れる共通の文化はいまはこわれている。良いものを良いと感じ取れない時代だ。だから再編していくべきで、作り手が主張しなくともそれを流通させ売る人たちが、さりげなく仲立ちして伝えていくべきだ」と語った。

 

 

20100116dsc08187

20100116dsc08196

« 限界期の入口 | トップページ | 雪やむ »

会津学」カテゴリの記事